書評|『ブログが作りたい!』+FC2ブログの作り方+

子どもが育つ魔法の言葉

子どもが育つ魔法の言葉

子育てのバイブル『子どもが育つ魔法の言葉』

「大好きな本を1冊だけ教えてください」と言われたら、あなたはどのような本を思い浮かべるでしょう?

もしそんな質問をされたなら、あなたは眉間に皺よせかぶりをふって、地を震わせては天をあおぎ、空に漂う雲をかきむしりながら悩むのではないだろうか。本が好きなら好きなだけ、きっとなかなか選べずに、大いに困ってしまうはずです。

そしてしばらくすると、嘆息とともに「ずいぶん無茶なことをお言いだね」と、相手をうらめしく眺めてしまうことでしょう。そうなのです、大好きな本を1冊だけ選び出すというのは、とても難しいことなのです。

どの本が良いだろうか? ―― 私もしばし考えてみました。もし1冊しか手許に残せないとしたら、どの本を残すだろうか?考えつくして決めた本、それが今回ご紹介する『子どもが育つ魔法の言葉』です。

続きを読む »

「その結果には、原因があるのじゃよ」と彼は言った

ジェームズ・アレンの『「原因」と「結果」の法則』:「その結果には、原因があるのじゃよ」と彼は言った

ロングセラー本『「原因」と「結果」の法則』を読んでみた

生きていると「何でやねん!」と思うことってありますよね。

仕事にしろ、恋愛にしろ、あるいはこういったブログなどをやっている場合でも、例えば次のようなことを感じることってあるのではないかしら。

  • 「あいつはなぜ、あんなアホ上司とうまくやっていけるのだろう?あいつばかり評価されてやがる!」
  • 「あたしの方が絶対にかわいいのに、なぜ彼氏ができないのよ!」
  • 「あんなつまらないことしか書いていないのに、なぜ私のブログよりアクセスが多いんだ?世の中まちがっている!」

不思議ですよね。そしてその原因が分からないと、それらの行き場を失った感情は、嫉妬やストレス、あるいは誹謗中傷に変貌することさえあるかもしれません。

さて、おそらく具体的な解決方法は得られないかもしれませんが、何かしらヒントくらいはご紹介できるかもしれません。興味のある方は良かったらご覧になってみてください。

続きを読む »

「心を整える」ための56の習慣

長谷部誠 選手の「心を整える。」方法:書評『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』

話題の本『心を整える。』を読んでみた

昨年、南アフリカで開催された「2010 FIFAワールドカップ」のことを、覚えていらっしゃるかしら。

われらがサッカー日本代表は、直前に行われた親善試合では英国や韓国にボッコボコに負けたものの、本番ではベスト16という予想外の活躍を見せてくれました。(何よりも観ていて最高に楽しかった)

それというのも、やはり岡田監督の決断によるところが大きかったのではないでしょうか。本大会直前にシステムを変更したことが大きな躍進のきっかけとなったように思います。

とくにその中でも、ゲームキャプテンの変更に私は驚かされました。「中澤選手から長谷部選手へ変更するだって?本当に?大丈夫かな?」と感じざるをえませんでした。それくらい意外なことだったのです。

なにしろ、長谷部選手の印象といえば、「堅実なプレーをする選手」、あるいは「海外でプレーしている選手」というくらいでしたから、なぜ彼が選ばれたのか分からなかったのです。

しかし、W杯のピッチ上での姿や、メディア対応、そして今回読んだ『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』という本によって、なぜゲームキャプテンに選ばれたのかがよく分かりました。

仮に私が監督や上司だった場合でも、やはりチームをまとめる役に長谷部選手をえらびたくなると思います。

長谷部誠選手がサッカーを通して体験したことをもとに、今まで考えてきたことや行動したこと、そして得た教訓などに興味のある方はご覧になってみてください。勉強になります。

続きを読む »

あなたは大丈夫?脳に悪い7つの習慣

書評:林成之『脳に悪い7つの習慣』あなたは大丈夫?脳に悪い7つの習慣

『脳に悪い7つの習慣』を読んでみた

あなたは、本来の自分の実力を、十分に発揮できているでしょうか?

自分の能力のベストな状態を100%とした場合、80%くらい出せているのならまだいいですよね。しかし、50%くらいだったならどうでしょう、成功するどころか、普通に生活していくことすら大変なのではないかしら。

もしかするとそれは、脳に悪い習慣が身体にこびりついてしまい、十分に能力が発揮できない状態にあるからかもしれません。(まるでそれは、自分だけ泥沼の中で生活しているようなもの)

習慣を見直し、ちょっとしたことに気をつけるだけで、それらは改善できるように思います。良かったら、ご覧くださいませ。

続きを読む »

今からでも描ける?4コマまんが入門

書評:佐藤未来『今からでも描ける!4コマまんが入門』

『今からでも描ける!4コマまんが入門』で描いてみた

おもしろい4コマ漫画が描けないだろうかと常々思っている。

ただそうは思うものの、簡単におもしろいネタが浮かぶわけもなく、日々もんもんとするばかりである。

1コマや、あるいは5コマ以上の方が楽に描けるかもしれない。4コマでぴたりとおさめるからこそ難しいとも思える。さて、どうすればセンスが磨けるものだろうか?

それにしても、ブログで毎日のように4コマ漫画を公開していらっしゃる人もいるのだから恐れ入る。天才じゃなかろうかね。

などと、いくら考えていても仕方がないので、手を動かすことにしてみた。描きはじめてみたなら、何かしら気づきがあるかもしれない。そんなあわい期待を胸に、私は本棚から一冊の本を取り出した。

続きを読む »

最高のスタッフに育つディズニーの教え方

書評:福島文二郎『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』を読んでみた

どのような人であれ、一度くらいは、何かしらのグループにおいてリーダーという役割を担ったことがあるのではないでしょうか。例えば、次のような場合です。

  • 友達と遊ぶときに何をするか自分が決めた。
  • 学校で班長を任された。
  • 仕事でプロジェクトリーダーになった。
  • 課長などのマネージャー職に昇進した。
  • じつは影から世界をあやつっている。

さてそこで、ご質問。みなさんは今まで、リーダーとしての役割をうまいこと果たすことが出来たでしょうか?あるいは、もしこれから任されるとしたらうまくこなす自信はあるでしょうか?

難しいですよね、リーダーって。仕切りが悪いと、ほんとグダグダになってしまいます。(自覚がないのが一番困りますけどね、みんなを不幸にし続けてしまいますから)

かく言う私も、周りの方々に迷惑をかけてしまうことが多いようなので、今回ひとつ勉強しておこうかと思います。良かったらどうぞご一緒に。

続きを読む »

4ステップ 1分で描く!ちょいメモ似顔絵のコツ

書評:小河原智子『誰にでも描ける!かんたん似顔絵教室』

『誰にでも描ける!かんたん似顔絵教室』を読んでみた

先日、『かんたん似顔絵教室』という本を読みながらイラストの練習をしていたときに、はたと気がつきました。

絵がうまい人というのは、まずもって対象物にたいする着眼点が良いのですね。どこをどう書かなければいけないかが分かっている。これは似顔絵だけにかぎらず、どのような絵を描くときでも同じことが言えそうです。

もちろん対象物を正確に描写する技術も大切ではあるのだけれども、いくつかのポイントにだけ集中することで、うまく見えたり、似て見えたりするのだとすれば、その技術的なハードルはぐっと低くなります。

さてそこで今回は、似顔絵のコツをお勉強していきます。良かったらどうぞご一緒に。

続きを読む »

人物画のレシピ(顔の描き方)

書評:岩崎宏『はじめての人物イラストレッスン帳』

『はじめての人物イラストレッスン帳』を読んでみた

学校では美術の授業なんてものがございますけれども、いくら思い出そうとしても、私の中では「何かを学んだ」という記憶がありません。

人物を描くにしても、あるいは風景を描く場合においても、たいてい言われるのは「よく見て描きましょう」ということだけだったように思います。繰り返し、繰り返し、まるで呪文のように聞かされました。

おそらく、空間認識能力を高めさせたいのと、「正確に描写することよりも、想いや感情をのせて描写してほしい」という意図があったのかもしれません。いわゆる大人が一方的に求める「子どもらしい絵」を描かせたかったのではないでしょうか。

ただそれは本来、「より正確に描写する技術(スキル)が、下地としてあってこそできることだったのではないのかな?」と、いまは感じています。

さて、授業では学ぶ機会をえませんでしたが、それでは何か、うまく描くコツはないのか?というと、実はあるんですね。今回は、顔を正面から描く場合のコツをご紹介したいと思います。良かったらご覧ください。

続きを読む »

びっくりしたなあもう!国語の成績が驚くほど上がる本

書評:福嶋 隆史『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本 偏差値20アップは当たり前!』

『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』を読んでみた

突然ですが問題です。

【問】:次の文章は、どんなことを伝えようとしていますか? 簡潔にお答えください。(夏目漱石『草枕』より引用)

山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい。
夢十夜・草 枕 (集英社文庫)

15字内くらいでは解答できると思うのですが、いかがでしょうか。(簡単すぎましたかね?)

「おいおいおい、いまさらそんな国語の読解問題なんてもんはなあ、どうでもええんじゃい!」と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、あなたのお子さんが、「ねえ、パパ~(あるいはママ~)、この問題教えて~」と言ってきたらどうしましょう。

おそらく、解答できる人は多いと思いますが、「どのような考え方でこの問題を解けば良いのか?」までを、子どもにきっちり説明できる人というのはあまりいらっしゃらないかもしれません。

もしあなたが、「わが子には、国語の学習で無駄な苦労をさせたくない!」とお考えなら、今回の記事、ぜひご覧いただきたいと思います。

続きを読む »

絵本の「読み聞かせ」を成功させるコツ(前編)

書評:松岡享子『えほんのせかい こどものせかい』

『えほんのせかい こどものせかい』を読んでみた

子育てを経験している人であるならば、「読み聞かせは大事だよ! 読み聞かせは大事だよ!」と、いろんな人から何度も聞かされたことがあるのではないでしょうか。

そうなんですよね、たしかにその通りなのです。より良く子どもを成長させたいと思ったなら、読み聞かせってとても大事なものです。

さて、そこで今回は、絵本の「読み聞かせ」についてお勉強いたします。

「絵本」とはどういうものなのか? 「読み聞かせ」というのはどういうものなのか? について前編・後編、それから最後にまとめといった形で 3回にわけて考えていきます。今回は前編です。良かったらご一緒にどうぞ。

続きを読む »

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて