SEO対策「被リンク」編

ブログが作りたい!最低限のSEO対策 > SEO対策「被リンク」編

SEO対策「被リンク」編

SEO対策:被リンクを、検索エンジンに好まれる状態にする。

SEO対策の外部要因「被リンク」

今回は、SEO対策の外部要因「被リンク(バックリンク)」について、書いていきます。次の順番で、お話は進みます。

▲ページの先頭に戻る

被リンク(バックリンク)とは?

被リンク(バックリンク)とは、外部サイトからリンクを受けることを言います。

外部サイト(他のWebサイト)の人が、リンクを張ってくれるというのはどういうことかと言えば、次のような動機や理由が考えられます。

  • 役立つ
  • おもしろい
  • 興味深い

などなど。

検索エンジンも、被リンク(バックリンク)が多ければ、紹介したくなるような良質のコンテンツ(記事、ツールなど)があるブログなのであろうと判断します。

被リンク(バックリンク)は、ブログの評価を上げることになります。

最高・最強のSEO対策は、「良質のコンテンツ(記事、ツールなど)を作成すること」と言われる所以(ゆえん)です。

▲ページの先頭に戻る

被リンク(バックリンク)の重み付け

被リンク(バックリンク)を受けると、ブログの評価が上がる理由は、ご理解いただけたかしら。

ただ、お話しは、もう少しだけ複雑です。すべての外部サイトからのリンクが、一律の評価ではないのです。

被リンク(バックリンク)評価が高いのは、次のような外部サイトです。

  • 権威のあるWebサイト
  • 老舗のWebサイト
  • 同じジャンル・テーマのWebサイト

権威のある老舗のWebサイトと、昨日はじめたばかりのひよっこブログとでは、紹介(被リンク)の重みが違います。

また、ジャンル・テーマが同じWebサイトからの被リンク(バックリンク)は、同じ専門家の紹介(被リンク)と判断されます。

つまり、同じジャンル・テーマで権威のある老舗のWebサイトから、被リンク(バックリンク)を受けるようなブログを作れば良いわけです。

▲ページの先頭に戻る

相互リンク

しかし、そうそう、被リンク(バックリンク)を受けることは困難です。

そこで、どうするかと言えば、「お互いにリンクしあいませんか?」と、被リンク(バックリンク)で困っている人同士でリンクし合うわけです。

これを相互リンクと呼びます。

1:相互リンクの注意点

相互リンクについては、2つ注意しなければいけないことがあります。

(1)過剰な相互リンク

相互リンクは、常識的な範囲内において、検索エンジンに容認されています。

本来は、検索エンジンの理念に反する行為ですから、過剰な相互リンクは、ペナルティを被(こうむ)る可能性があります。

例えば、相互リンクを増加させ続けるようなプログラム(相互リンクサービス)に参加することは、とても危険です。

特に、一定期間のうちに急激に増加し過ぎると、逆効果になる可能性があります。このような異常な相互リンクは、リンクファームなどと呼ばれます。

(2)スパムサイトとの相互リンク

スパムサイトと、相互リンクしてはいけません。

検索エンジンは、スパムを行うようなWebサイトと仲が良いブログなのだと、マイナスの評価をします。

つまり、しっかり相手を選んで、まともな運営をしている良識のある人と、相互リンクする必要があります。量より質です。

▲ページの先頭に戻る

2:相手を見る方法

ただ、まともな運営をしているかどうかを判断するのは、難しいところです。

昔は、GoogleのPageRankさえ高ければ良いWebサイトだと評価されていましたが、今は評価の基準として用いられることはありません。

少なくとも、次のことをチェックしてみた方が良いと思います。

  • 実際に記事を読んで、人となりを見極める。
  • GoogleやYahooで「site:~」を使って、インデックスをチェックしてみる。(ペナルティを受けて少ない可能性があります)
  • Yahooで「link:~」を使って、怪しいWebサイトと、相互リンクしていないかチェックしてみる。
  • おかしな相互リンクサービスに参加している場合があります。「相互リンク」とか「SEO」とか、怪しいバナーやリンクがないかチェックしてみる。

▲ページの先頭に戻る

3:お断りする方法

自分から申し込む場合ばかりではありません。先方から、お願いされることもあります。自分が望まないWebサイトの場合は、丁重にお断りしましょう。

断ると「何か嫌がらせされるのではないか?」と心配する必要はありません。大抵の場合、相手は、数千件のうちのひとつくらいにしか考えていません。

いちいち、断られるたびに嫌がらせをしていたら、それこそ、時間の無駄です。割に合わないことはしないはずです。

お断りする方法ですが、望まないWebサイトから申し込みがあるたびに、返事していては手間です。

事前に、相互リンクを受け付けないWebサイトの基準を、ブログに記述しておけば、手間も省けるし、余計なトラブルにまきこまれる可能性が減ります。

▲ページの先頭に戻る

トラックバック

ブログの場合は、トラックバックによって被リンクを得ることができます。

しかし、相手からリンクしてもらうわけですから、こちらからも事前に記事内でリンクを張っておく方が、容認してもらいやすくなります。

そして、ただリンクを張るだけでなく、相手の記事に対して言及する文章を書いておく方が良いと思います。(言及リンク)

また、相手からのトラックバック スパムには注意が必要です。自分のブログの雰囲気にそぐわない場合は、速やかに削除すべきです。

削除しないで放置しておくと、このブログは「ゆるい」と判断されて、次々に、スパムが増えていきます。

トラブルの可能性を減らすために、事前に受け付けないトラックバックについての基準を、ブログに明記しておく方が良いと思います。

2008/01/09、トラックバックを簡単相互リンクと勘違いしていたので、書き直しました。訂正してお詫び申し上げます。

▲ページの先頭に戻る

次回予告

次回は、SEO対策に役立つサイトについて書きます。

▲ページの先頭に戻る

関連記事

SEO対策に関連する記事を、ご紹介します。

1:ご存知かしら?

2:SEO対策の内部要因

3:SEO対策の外部要因

4:SEO対策の情報リンク集

▲ページの先頭に戻る

作成日:2007/10/22 更新日:2008/01/09

« 「SEO対策「その他」」|SEO対策に役立つサイト」 »

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

最近ネットショップを始めました

最近ネットショップを始めて、毎日悪戦苦闘しております。商品もまだ少ないし、それよりSEOがうまくいってないのかも・・・と思い いろいろ調べたところクマクロさんのがわかりやすくて、参考?というより、そのまま書いてあることを実行させていただいております。サイトとしてはまだまだですが、頑張ります。

SEO

Pearlshellさん、こんばんは!(・∀・)/ぐいぶに
コメントありがとうございます。

SEOがうまいこといって、
バリバリ売上があがると良いですね~。(´▽`)♪

がんばり過ぎない程度に、がんばってね~。(o^-')b

TB

KumaCrowさん、こんばんは。


ブログをはじめて5年ほど経ち、最近トラックバックとやらをやってみているのですが・・・
考えすぎなのか、わからなくなってしまいました。

質問したいことがあります。
モヤッとボール状態でうまく書けるかどうか微妙です。





質問1

トラックバックについては、自分の書いてる内容が
あるブログに触発されたとか、自分以外の人にも読んで欲しいとか
そういったときに打つような感じで捉えていいのですよね?
これは!と思ったら、相手に歓迎されるかどうかは別だけど
礼儀(言及リンク)をちゃんとしてじゃんじゃん打っていいんですよね?





質問2

どこかで読んだ(こちらで読んだのかどうか覚えていません)のですが、
「同じリンクを同じ記事に何度も張ると良くない」と読んだような記憶がありまして、
いつも記事中にどちらさまかのリンクを張るときに悩んでしまうのです。

それはたとえば、

Aについての記事が、Bさんのブログにて「C」というタイトルで書かれていました。

というようなとき、Aにはリンクしないとして
Cには該当の記事のURLでリンクしますよね。
その時同時にBにはBさんのブログのトップをリンクするべきなのかどうか。
ここをいつも悩みます。

「リンク過多」ということでSEO的に相手に悪影響があったら嫌だなと思うし、
またSEOというものが世の中に無くても、なんかしつこくないか?とかいろいろ思ってしまいます。


考えすぎですかね・・・。
さらっとCだけリンクすればいいのかしら・・・。
チラシの裏にでも書いておけみたいな質問ですみません。
お時間のあるときに教えてくださいませ。

トラックバック、リンクについて

Missdiamondさん、こんにちは!( ・∀・)ノへろー
コメントありがとうございます。


【回答1】:トラックバックについて
> トラックバックについては、自分の書いてる内容が
> あるブログに触発されたとか、自分以外の人にも読んで欲しいとか
> そういったときに打つような感じで捉えていいのですよね?
> これは!と思ったら、相手に歓迎されるかどうかは別だけど
> 礼儀(言及リンク)をちゃんとしてじゃんじゃん打っていいんですよね?
>
打っちゃって、OKです!(´▽`)♪

ただ、こればっかりは、人によって考えが違うので、
承認されるかどうかは、打ってみないと分かりません。

厳密に言うと、次の3つがそろっていると、
おそらく、たいていの人は文句を言わないと思います。

 1:怪しいブログからのトラックバックではないこと。
 2:記事へのリンク(言及リンク)があること。
 3:記事の内容について言及されていること。
  (あるいは、より情報を発展・補足する内容)

で、とくに「3」が、人によって解釈が違うんですよね。

とくに何か書いていなくてもOKにしちゃう人もいるし、
「仲良しならいっか」と考える人もいらっしゃいます。


ちなみに、私の場合は、「1」は絶対ダメですが、
「2」、「3」は状況によって判断しています。

例えば、閲覧者にとって役立つか?と考えた場合に、

役立つ内容であれば、とくに「3」がない場合でも、
承認することはあります。


【回答2-1】:何度もリンクについて
> どこかで読んだ(こちらで読んだのかどうか覚えていません)のですが、
> 「同じリンクを同じ記事に何度も張ると良くない」
> と読んだような記憶がありまして、
> いつも記事中にどちらさまかのリンクを張るときに悩んでしまうのです。
>
「同じリンクを同じ記事に何度も張ると良くない」
ということはないので、大丈夫です。

ただ、あるひとつのページから、1000とか2000とか、
常識的でないような数のリンクをすれば、

それは「おかしい」とは感じられるかもしれません。

でも、それは意味がない(誰も得しない)だけで、
ペナルティになったりはしないと思います。


また、いろいろなサイトからリンクをもらう場合に、

同じキーワード(文章)でリンクされるのは、
不自然だと判断することはあるようです。

と言っても、膨大な数のリンクが同じだったら・・・、
というお話なので、あまり気にする必要はないと思います。


【回答2-2】:例えば、リンクについて
> Aについての記事が、Bさんのブログにて
> 「C」というタイトルで書かれていました。
>
> というようなとき、Aにはリンクしないとして
> Cには該当の記事のURLでリンクしますよね。
> その時同時にBにはBさんのブログのトップをリンクするべきなのかどうか。
> ここをいつも悩みます。
>
> 「リンク過多」ということでSEO的に相手に悪影響があったら嫌だなと思うし、
> またSEOというものが世の中に無くても、なんかしつこくないか?
> とかいろいろ思ってしまいます。
>
> 考えすぎですかね・・・。
> さらっとCだけリンクすればいいのかしら・・・。
>
このくらいの記事内での 1つ 2つのリンクであれば、
とくにSEO的な問題は起こらないので、

より良いと思うリンクの仕方で、
やっていただくのがよろしいかと思います。ヾ(*´∀`*)ノ


ちなみに私の場合は、ユーザ(閲覧者)視点で考えています。

たしかに、同じリンク先に、何個もリンクがあると、
色が違うこともあって、読みにくいと思うんですよね。


例えば、仮に次のような文章があった場合、

+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+
1:今回は、Missdiamondさんのブログを紹介します。
2:Missdiamondさんのブログは、おもしろいんですよ。
3:ネコ好きのMissdiamondさんは~云々、
4:Missdiamondさんが書いたピザの記事を参考に~云々、
5:・・・というわけで、Missdiamondさんのブログおすすめです。
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

これ、「Missdiamondさん」すべてにリンクを入れてしまうと、
文章の近接度にもよりますが、読みにくいかもしれません。

私なら、「1」、「5」へ、
Missdiamondさんのブログのトップへリンクを入れて、

「4」では、「Missdiamondさんが書いたピザの記事」の部分に、
ピザの記事へのリンクを入れます。

「2」、「3」でのリンクは、なくても良いかなと。
(ネコ好きを強調したい場合は入れるかもしれませんが)


まず、ユーザ(閲覧者)がクリックするとしたら、
冒頭か、文末が多いと思うので、最低限そこは入れておきます。

あとは適宜、ユーザがとくに興味を示しそうなポイントで、
リンクを入れています。


こんな感じですが・・・意図していた回答になっているかしら。

期待する内容でなかった場合は、
お手数ですが改めてコメントくださいませー。(´▽`)♪

ありがとうございます。

KumaCrowさん、こんにちは。



トラックバックとリンクのわからないことにお答えありがとうございます。
リンクの基本は、読む人にわかりやすく親切に、
ということを忘れない感じでしょうかね。
トラックバックはこれは!と思ったらじゃんじゃん打って良しということですね。


例を上げていただいてよくわかりました。
ありがとうございます。

どういたしまして♪

Missdiamondさん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぶに
コメントありがとうございます。


【01】リンク
> リンクの基本は、読む人にわかりやすく親切に、
> ということを忘れない感じでしょうかね。
>
・・・と思います。ヾ(*´∀`*)ノ

もっかい自分がそのページを利用しようとしたときに、
使いやすければ、おおよそ問題ないのではないかと思います。


【02】トラックバック
> トラックバックはこれは!と思ったら
> じゃんじゃん打って良しということですね。
>
じゃんじゃんがどのくらいかにもよりますが・・・。(´Д`;)
そんなに気にせんでも大丈夫かと思います。

忙しそうな人には遠慮して少しだけとか、
ちょっとした配慮さえもっていれば、

とくに怒られたりはしないんじゃないかしら。

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/83-628ec229
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて