梅原流 ”売れる”デザインのコツ

ブログが作りたい!自分を育てる > 梅原流 ”売れる”デザインのコツ

梅原流 ”売れる”デザインのコツ

プロフェッショナル仕事の流儀:梅原流 ”売れる”デザインのコツ

志を、カタチにするデザイナー梅原 真(62)

2012/02/20(月)に放送された『プロフェッショナル仕事の流儀』がおもしろかった。高知のいごっそう「梅原 真」さんの回である。

恥ずかしながら今回の番組を観るまで存知あげなかったのだけれども、次のようなヒット商品を次々と生み出している注目のデザイナーなのだそうだ。

かかわった商品は150件以上。その中でも『ぽん酢しょうゆ・ゆずの村』は、年間400万本 20億円以上の売上を出すほどの大ヒット商品になったとのことである。

品質は良いのに売れずにいた商品が、梅原さんのデザインによって売れる商品へと変わっていく姿は、まるで痛快な冒険活劇を観ているようだった。

今回はこの番組内で語られていたデザインのコツをまとめておきます。良かったらどうぞご覧になってみてください。

「いごっそう」とは、土佐弁で「頑固者」「気骨のある男」などを表す言葉だそうです。


梅原流 ”売れる”デザインのコツ

1:どこにこだわっているのか?

梅原さんが特にこだわっている点は2つ。「商品のネーミング」と「文字のデザイン」なのだそうだ。

(1)商品のネーミング

まず一つ目、商品のネーミングについて。梅原さんは、次のようにおっしゃっていた。

その商品そのものの本質的なものを見つけ出したときに 何かこう言い当てるような その言葉が大事なんよね。その言葉がデザインの半分ぐらいいくと思いますね。僕はそう思ってますけどね。

プロフェッショナル仕事の流儀』より

実際に商品をご覧いただいくと分かり良いと思うのでひとつご紹介してみよう。例えば、『シブガキ男の石鹸』のパッケージは以下ようである。

シブガキ男の石鹸

主たるキーワードは「男の石鹸」。さらに、「秩父カキシブ」「シブの力」「汗スッキリ」「ナチュラル素材」「汚レオトス」などのワードも乱れ飛んでいる。

あまり考えることなくネーミングするならば、「秩父の石鹸」とか「シブガキ石鹸」あたりにおさまりそうだが、やはりそれは凡庸といえるだろう。気にとめる人もいないはずだ。

対して、「男の石鹸」という商品が陳列棚に並んでいたら、どうだろう。

思わず手にとって見てみたくなるのではないだろうか。このパッケージは、そんな風体をかもし出している。ネーミングのセンスが重要なのだ。

(2)文字のデザイン

二つ目は、文字のデザインである。梅原さんは、文字のデザインをする上でのポイントについて次のようにおっしゃっていた。

消費者が目をとめる引っかかりをしのばせる。

プロフェッショナル仕事の流儀』より

これも実際に商品をご覧いただいくと分かり良いと思う。例えば、『じゃばらポン酢じゃぽん360ml』のラベルは以下ようである。

じゃばらポン酢じゃぽん360ml

メインとなる商品名はどうやら「じゃぽん」らしい。なかなかぱっと見ただけでは読みとりにくい文字デザインとなっている。

「じゃんぽ?」「いや、じゃぽんか」「じゃばらのポン酢だから”じゃぽん”なわけね、なるほど」「もしかすると、Japan(ジャパン)あたりともかけてるのかな? 国産であることを暗に示しているのかも」などと、陳列棚の前でひとり連想してしまうかもしれない。

また、「ぽ」の丸のところが、「じゃばら(果実)」の丸みを帯びた形状を示してそうでもある。

この辺がおそらく、梅原さんのおっしゃっている「目をとめる引っかかり」ということなのだと思う。

2:「商品そのものの本質的な言葉」はどうやってみつけるの?

それでは、「商品そのものの本質的なものを表すような言葉」というのはどうやってみつけることができるのだろう?

それは、依頼者との徹底的なコミニュケーションの中から生み出しているようだった。それも、ただ単に聞き出すということではなく、雑談のようでいながら一緒にアイデアを練るというスタイルをとっているように見受けられた。

例えば、番組の後半のほうで取り上げられた『ニワトリノニワ 絶品 有精卵 1パック(10個入り) ねはんの里』もそうだった。

ニワトリノニワ 絶品 有精卵 1パック(10個入り) ねはんの里

依頼人と、梅原さん、それとスタッフさん2名の計4名にて、お酒を酌み交わしながら、依頼人の身の上話から趣味まであらゆる話で盛り上がっていた。

そんななかで、スタッフさんからうまれたのが「ニワトリノニワ」という言葉。スタッフさん曰く、

「ニワトリの庭」っていうシャレを考えてたんですけど 本当にあのニワトリが庭を駆け回ってたじゃないですか だから本当のニワトリやなと思って

プロフェッショナル仕事の流儀』より

とのことだった。どうやら、このスタッフさんはシャレが得意らしい。おそらく「じゃぽん」などもこの人のアイデアじゃないだろうか。うまく「商品そのものの本質的な言葉」を弾き出している。

「デザイナー梅原 真」というよりも、「デザイナー集団”梅原組”」というようなチームワークが感じられる良い場面だった。

3:どうしたら売れるデザインになる?

「どうしたら売れるデザインになる?」という質問に対して、梅原さんは次のようにおっしゃっていた。

例えば、漁師さんが、あの何かこう商品を作るときにね、あのー、素晴らしいデザイナーに頼んだんですよー。というのじゃないほうがいいんじゃないかと、親戚のおじさんに書いてもらったのよこの字をとかな あのー「たたき」とかですね、あのーそういう商品名を そういうのが異様に僕はあのーそそられるんですよ。え? 親戚のおじさん字うまいなと、親戚のおじさんが「おいしい干物です」と書いてあるものに価値があって、いっぱいこうデザインしたものにはね、価値がないんじゃないかなくらいに思っているぐらいなもんですから。

プロフェッショナル仕事の流儀』より

つまり、「売れるのは”身近な人が薦めた”ようなデザイン」なのだと。けっして洗練されたきどったようなデザインではなく、親戚のちょっと字のうまいおっちゃんが書いているような感じがいいんだと。

これは、『じゃばらポン酢じゃぽん360ml』や『馬路村 ゆずの村 ぽん酢しょうゆ 500ml【ポン酢】』の文字のデザインを見るとよく分かるだろう。

じゃばらポン酢じゃぽん360ml 馬路村 ゆずの村 ぽん酢しょうゆ 500ml【ポン酢】

いわゆる「味わい深い字」である。結局のところ食品ですから、このような食べたくなるような字がいいんでしょうね。

4:なぜ一次産業にこだわるのか?

梅原さんは、農林漁業と地方に関する依頼しか受けないそうである。それは次の信念に基づくためだ。

日本の”風景”を残したい

プロフェッショナル仕事の流儀』より

じつは、冒頭にてご紹介した四万十の栗は、中国産の安価な栗におされて、みるみるうちに産業が衰退していたのだそうだ。それを「しまんと地栗」というブランドにて再生させたのである。

土佐のカツオの一本釣も、巻き網漁におされて経営は風前の灯だったそうだ。それを「一本釣り藁焼き鰹たたき」という商品によって再生させている。

商品がもつ本来の価値を見出し、その価値をデザインによって消費者に分かりやすく伝えることで、「日本の風景」を残すという結果がえられた。

おそらく小手先の方法を真似してみても同じような結果は得られないだろう。この信念こそが、デザインの源なのだなと感じた。

5:再放送のご案内

さて、興味をもったかたは、再放送をご覧になってみてはいかがだろうか。2012/02/24(金)午前0時15分~NHK総合にて、ご覧いただけるだろう。

Web制作もこれからは「デザインの時代」である。きっと、本物のデザインの力が、いま求められているのだ。デザインが得意な人はおおいに活躍できると思う。

それから、さらに梅原イズムを深く知りたいというかたは、『ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景』をご覧になってみると良いかもしれません。

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景

でも、読んでみたいけれども、しかしこれはさすがにお高いよね。ちょっと悩みますね、どうしたものか。

前の記事へ
前の記事へ

次回予告

次回は、「ダイエット体験のまとめ」が悲しいほど進んでいないため、本でもご紹介させていただこうかと思っています。


関連記事

スキルアップしたい人のための記事をご紹介します。

作成日:2012/02/22 更新日:2012/02/22

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

知りませんでした

馬路村のぽん酢しょうゆ、我が家の必需品です。
お高いですけど・・・。


それまで、地元の方に時々送ってもらってたのを、初めて近所のスーパーで見かけた時は、嬉しくて値段も見ずに買ってしまいました(レジでびっくりした)。


こんな秘話が隠されていたのは全然知りませんでした。
明日から心して食します。

悩む

ヤマトさん、こんにちは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

良い物を使っていらっしゃるのですねえ。
あたしも一度くらいは食してみたいものです。

ドレッシングにもなるし、買ってみようかなー。
うーん、悩むわー。(´▽`)♪ぽーんぽーんず

No title

なかなか面白いですね

売れるデザイン

良く売れる商品は、デザインが第一とあるが品質の良さは
どの程度の割合か教えてほしい

プログで迷子になってます( ´△`)アァー

こんばんは。いろいろ読ませていただいております。
ブログ勉強中です。このブログのレイアウトはテンプレートですか?フリーですか?
また来ますのでよろしくお願いします。

機会

穴黒さん、こんにちは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

なかなか面白かったようで何よりです。

機会があれば(また再放送でもあったなら)、
ご覧になってみてください。ヾ(*´∀`*)ノ


???

熊五郎さん、こんにちは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

「良く売れる商品は、デザインが第一」などとは、
梅原さんも、私も言っていません。

ゆえに、
何か別の話と勘違いしていらっしゃるのではないでしょうか。


フリー

グーパパさん、こんにちは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

ブログ勉強お疲れさまです。(´▽`)♪
いろいろとご覧いただきましてありがとうございます。

当方のブログのレイアウトは、自作のテンプレートです。

「フリー」とは何をさしてのフリーなのか分かりませんが、
公開しているのか? 誰でも使える状態にあるのか?

という意味でしたら、公開はしておりません。

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/752-f8b9d7a4
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて