キラ☆キラの小島慶子さんに学ぶ「自分」の見つけ方

ブログが作りたい!自分を育てる > キラ☆キラの小島慶子さんに学ぶ「自分」の見つけ方

キラ☆キラの小島慶子さんに学ぶ「自分」の見つけ方

キラ☆キラの小島慶子さんに学ぶ「自分」の見つけ方

ラジオ・パーソナリティ 小島慶子さんの「自分発見術」

NHKの『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』という番組をご存知でしょうか。これ、数少ない好きな番組のうちのひとつなんですけれども――この番組、何が良いかというと、切り口が良いのです。

その人が挫折を越えて飛躍をとげた秘密とは?

ね、この切り口ですよ、いい感じでしょう? 毎回、各種業界でがんばっている人たちにスポットをあてて、その人が挫折を乗り越えたときのきっかけを、お話していただこうじゃありませんか! という番組なのです。

単なる成功者の自慢話ではないし、まったく手が届かないような大成功をなしたスーパースターのお話でもありません。

どちらかと言えばもっと身近な人で、何だったら不器用で、どうにも思ったようにうまくいかなくて、それでもがんばってきた人たちのお話なのです。

今回は、とくに印象深かった小島慶子さんの回(2011/06/02放送)をご紹介させていただきます。


小島慶子さんに起こったこと(不安障害)

1:子育てへの悩み

小島慶子さんは、30歳のときに第一子をもうけます。しかし、えんえんと続く家事と育児の繰り返しに言いようのない不安を感じたそうです。

よく「専業主婦は暇でいいよね」とかって平気で言いますけど、そんなことないですよね。家事ってえんえん終りがないし、さっき片付けたものがもう汚れているわけで、どんな修行だろうって思いますけど。けしてここで終りってものがないですよね。

あの……階段を昇るのと違って、螺旋(らせん)ですから。同じ風景を見ながら、ねえ、1年経つとほんのちょっと高さは上がっている、けど1年間見てきた風景は同じだったみたいなね。子どもは成長しているけれど。

やっぱり、家事とか日常を生きるってそういうものですので。今もそれは変わらないですけど、あまりにも、はじめて経験する育児、しかも非情にまあ、う~ん、おばあちゃんが側にいるわけではなくて、非情にこう密室化した中での育児っていうのは、う~ん、とても、不安でしたね。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

このように、子育てに苦しんでいる親御さんというのは昨今少なくないようです。とくに、それまで仕事ができた人ほど、「今日はこれくらいでいいや」とか、「がんばっている私はえらいぞ」などとは、なかなか思うことができないようです。自分に課すハードルが高いのでしょうね。

おそらく、小島さんも性格的にそういったとてもまじめな人なのでしょう。几帳面で、どこか完璧主義な面もあって、うまく手を抜くことができない人なのだと思います。

そして、内側の自己評価で折り合いをつけることができず、逆に、外側からの評価を求めて小島さんは閉じた世界から飛び出します。

職場への復帰は、幸運にも、理解あるやさしい夫や子どもたちの協力もあってか、仕事も家のことも両立できて順調。いっときはうまくいきはじめたように見えました。

2:パニック発作

ところが 3年後、第二子が生まれた頃のことです。ずっとがんばり続けてきた心と体が、悲鳴をあげます。

ある日突然、私はこのさき子どもを二人も抱えて、3歳と0歳とね、子どもを二人も抱えて、そのうえ仕事もするんだ。全部ちゃんとできるかな? と思っているうちにですね、だんだん、だんだん、だんだんなんか居てもたってもいられなくなってしまって、で、いわゆるパニック発作ですね。

こう、息がこう苦しくなって過呼吸になってしまって、もうドキドキ、ドキドキして。

えーとね、気持ちでいうと小さいとき親とパッと手が離れてしまって、ハッ、ママがいない! って思ったときのこう血の気が引いていくような、ねえ、心許(こころもと)なさ、あれが何倍にもなったような。

まあ、あの~……、非情に大きな不安の中におかれてしまったんですね。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

3:心療内科へ

思いつめてしまった小島さんは、物事を悪い方へ悪い方へ考えるようになり、ついに自殺まで考えるようになってしまいます。

だから、今思えば、当り前のことなんですけど、う~ん、これからも毎日日常が繰り返されていくっていうことが怖かったんです。

今日が終わったら明日、明日が終わったら明後日、ず~っと、ず~っと、ずう~っと、子どもを育てて、食べて寝て散らかして片付けて、散らかして片付けてって、それをやるんだっていうのが怖くて怖くてこう、合せ鏡を見てどこまでも同じ自分の顔が並んでいるのを見るような。

それが怖くて、もう、そんなことだったら今日生きるのをやめてしまいたいと思うほど、それが怖かったんですね。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

ただ、このとき幸運なことに、小島さんは心療内科へ行く判断をします。診断名は、「不安障害」でした。

何をきっかけにしてかは番組中で紹介されていなかったので分かりませんが、これはとても良い選択だったのではないでしょうか。

心が苦しくて仕方がないときや、「あれ? 何かおかしいぞ」と思ったら、ぜひ受診してみると良いように思います。ひとりっきりで悩む必要なんてないのです。

医師のアタリ・ハズレや相性もあるそうですから、劇的にすぐに良くなるということはないかもしれませんが、きっと良い方向へ導かれていくはずです。

4:カウンセリングによる気づき

そして、小島さんは心療内科でのカウンセリングによって、ひとつの「気づき」をえます。

で、もちろんひとつには子どもを2人育てる不安、もうひとつには職場に復帰する不安。

でも、そのベースにあったのは自分の価値観で、その価値観というのは自分と自分の母親、自分の父親、自分の姉との間に長い間かけて培(つちか)われてきた人間関係に基づくものだったんですね。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

子育てや仕事に対する不安には、根源となる原因があったのですね。もっともっと根の深い、根本的な問題がそこには隠れていたわけです。

例えば、皿洗いをすると手が荒れることってありますよね。その度に、軟膏をぬって治すことも一時的な治療法として必要なことではあります。

ただ、なぜ手が荒れるのかを調べてみると、原因が分かることがあります。(食器用洗剤を最後によく洗い流していなかったからだとかですね)

原因を知るということはとても重要なことです。原因が分かり、その解決方法がみつかれば大きな前進をえることができます。軟膏をぬり続ける必要もなくなるわけです。

5:「本当の自分」と「他者が望む自分」

きっと、カウンセリングを受けることはとても大変だったはずです。自分を見つめなおす作業ってつらいですよね。思い出したくないようなことと向き合うためには、とても大きなエネルギーが必要になります。

それでも、半年間のカウンセリングを経て、小島さんは挫折を乗り越え、大きく跳躍しました。(2009年よりスタートした『TBS RADIO 小島慶子 キラ☆キラ』も好評を博しています)

やりたいことがある、でも、しなくちゃいけないことはこっちだ。つまり、自分が大事だと思うことと、人からこうしなきゃいけないって言われているってこととの間で、いつも自分が引き裂かれていて、そんなこと誰にだってあることですけどね。

私の場合、具体的にいうと、えー、だから、ちょっと誰かが喜んでくれたり、「励まされた」って言ってくれたりしたら嬉しいなあってことがやりたい。

だけど、いやいやいや、そんなことより誰から見ても成功しているような成功をおさめることが、あのー、成功なんだろうと。それをやる、やんなきゃいけないんだろう、そうやって自分の成功とか幸せをひとに証明しなければいけないに違いないと思い込んできたんですね。

しんどいなあと思いながら、そうじゃなきゃいけない、そうしなければ、きっと何か落ちこぼれてしまうんだろうと思い込んできたから、やりたいことはこっちにあるし、それとどうも違うことなんだけれど、でも証明しなきゃってずっとこう追い立てられてきた。自分で自分を追い立ててきたんですけど。

あー、そんなふうに思い込まなくても良かったんだなっていうふうに、思うための大きな転換になりましたね。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

「成功」って何でしょうね? 何をして「成功」と言えるのでしょう? もちろんそれは、人それぞれが考える「成功の形」というものがあるのだと思います。

でもね、その「成功の形」っていうのは、誰かが決めるものじゃないんです。自分が心から求めることをして得られた結果でなければ、「成功」とは言えないんですね。

もしあなたが、小島さんと同じように、周りの人たちの都合であるとか、あるいは勝手な理想像を押し付けられるような人生を今まで歩んできたのだとしたなら、少し立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

常に持って歩かなければいけないと思い込んでいた荷物の中に、じつは必要もないのに背負っていた無駄な重い荷物を見つけられるかもしれません。


小島慶子さんの「自分発見術」とは?

それでは、小島慶子さんの「自分発見術」もご紹介しておきましょう。とてもシンプルな方法です。

1:どんなことを考えると「自分を知るきっかけ」になるのか?

何かを見たり聞いたりしたときにね、どんなことを考えると「自分を知るきっかけ」になるのかと言うと、例えば、今日私のこの番組を観てですね、えー、こじまさんが好きと思った人、こじまさんが嫌いと思った人、それぞれいらっしゃると思うんですけど。

そこで止まらずですね、どこが好きなのか? なんで嫌いなのか? というのをこう、具体的に考えてみてください。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

対象者は小島さんでなく、自分が考えやすい人でも良いと思います。紙に、スキとキライを書いて、真ん中に縦の線を引きましょう。

こじまさんがスキ | こじまさんがキライ

2:好きを突き詰める

えーじゃあ例えば、服が好き、髪型が好きだとしたら、なんでそういう服や髪型を自分は好きなんだろう? いつからそうだったかなあ?

考えると、わたしなんかふわふわっとしたものが好きなんだ。女らしいものが好きなんだ。それ小さい頃からそうだったな。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

次に、好きな理由を突き詰めていきます。どこが好きなのか? なぜ好きなのか? いつ頃から好きなのか? 何か好きになるきっかけがあっただろうか? 過去にさかのぼって考えていきましょう。

どこが好きなのか? なぜ好きなのか? いつ頃から好きなのか?

3:嫌いを突き詰める

反対に、こじまさん嫌いだとしたら、顔が嫌い、喋り方が嫌い、だとしたら、なんでそれ嫌いなんだろう? って、どんどん考え方が広がっていくんですね。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

嫌いな理由についても同様に考えてみてください。自由に考えを広げていきましょう。

どこが嫌いなのか? なぜ嫌いなのか? いつ頃から嫌いなのか?

4:自分の価値観がわかる

それが好きとか、嫌いということから広がって「あ~自分はこういうものを大事にしているんだあ」とか、「こういう世の中で暮らしたいんだ」、「こんな人間関係を求めているんだ」とかっていうふうに、自分の欲求とか願望が分かるんですね。

だから何であれ、好きなものや嫌いなものに出会ったときに、どうしてそれを自分は好きなのか嫌いなのか、ずっとさかのぼって、考えるくせをつけると、いつも自分が望んでいるものとか、求めているものっていうのに、ちょっと近づくことができるというか、私はそういう習慣があります。

(『グラン・ジュテ~私が跳んだ日~』より)

「大事にしているもの・願望」が見えてきて、自分を知ることになる

つまり、他者に向けた感情を基点にして、自分の心の奥深くへ考えを掘り下げていくことで、結果的に、本当に自分が大切にしたいと思っていることを知ることができるようになるわけですね。

感情→どこが(好き / 嫌い)なのか? なぜ(好き / 嫌い)なのか? いつから(好き / 嫌い)なのか?→わたしが大切にしたいこと

いかがでしたでしょうか? もし小島さんと同じような苦しみを抱えていらっしゃる方のお役に立てば何よりでございます。

そして、あなたの苦しみが少しでもやわらいで、本来のあるべき自分の姿を取り戻せることを祈っております。それでは、あなたの今日が良い日になりますように。

NO RAIN, NO RAINBOW
<雨が降るから、虹も出る>

(ハワイの諺)

前の記事へ
次の記事へ

次回予告

次回は、何か書評を書こうかと思っています。(絵本の「読み聞かせ」を成功させるコツ(前編)


関連記事

スキルアップしたい人のための記事をご紹介します。

作成日:2011/11/03 更新日:2011/11/03

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/735-01ae60dc
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて