びっくりしたなあもう!国語の成績が驚くほど上がる本

ブログが作りたい!書評 > びっくりしたなあもう!国語の成績が驚くほど上がる本

びっくりしたなあもう!国語の成績が驚くほど上がる本

書評:福嶋 隆史『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本 偏差値20アップは当たり前!』

『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』を読んでみた

突然ですが問題です。

【問】:次の文章は、どんなことを伝えようとしていますか? 簡潔にお答えください。(夏目漱石『草枕』より引用)

山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい。
夢十夜・草 枕 (集英社文庫)

15字内くらいでは解答できると思うのですが、いかがでしょうか。(簡単すぎましたかね?)

「おいおいおい、いまさらそんな国語の読解問題なんてもんはなあ、どうでもええんじゃい!」と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、あなたのお子さんが、「ねえ、パパ~(あるいはママ~)、この問題教えて~」と言ってきたらどうしましょう。

おそらく、解答できる人は多いと思いますが、「どのような考え方でこの問題を解けば良いのか?」までを、子どもにきっちり説明できる人というのはあまりいらっしゃらないかもしれません。

もしあなたが、「わが子には、国語の学習で無駄な苦労をさせたくない!」とお考えなら、今回の記事、ぜひご覧いただきたいと思います。


『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』とは?

今回の教材は、『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!』という本です。

1:『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』とは?

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』は、ふくしま国語塾を経営していらっしゃる福嶋隆史(ふくしまたかし)さんが書いた本です。

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!

本の帯には、次のように書かれています。

  • 「国語はセンス」だと思っているあなたへ
  • たった3つの力をマスターするだけでOK!
  • 親・教師必読! 難関中学・高校への合格者続出!!
  • 「国語力=論理的思考力」をつける画期的方法を初公開
  • 「書く力」「読む力」、そして「得点力」がみるみるアップ!

福嶋隆史さんは、どのような人なのか? と言うと、それは、次のような方です。(以下、背表紙側チリより引用)

  • 公立児童館・学童保育職員、公立小学校教師を経て、2006年より「ふくしま国語塾」を創設。
  • 明快な指導法と懇切丁寧なサポートが評価され、年を追うごとに塾の生徒数が急増。
  • 県規模の小学校教師向けセミナーでは、国語・算数・体育の指導法の講師を務め、好評を得ている。

著書多数。今回ご紹介している『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』は、7万部を越えるベストセラー本です。

2:対象とする読者は?

国語が苦手な子どもをもつ「親御さん」を対象にして、この本は書かれているようです。次のような場合に役立つのではないでしょうか。

  • 国語教師の指導方法に問題がある場合。(ありがちです)
  • 高い月謝を出して塾に通わせているにも関わらず、国語の成績がいっこうに上がらない場合。
  • 国語の成績にムラがある場合。(良いときもあるし、悪いときもあって安定していない)

このようなときは、親が何とかするしかないですよね。その状況を愚痴ったり、あるいは、「なんで出来ないの!」と子どものせいにしたとしても結局のところ何ひとつ解決しませんから。

それから念のために書いておきますが、この本は、国語の勉強が得意な子どもにも役立つ面はおおいにあるように思います。

ただ、すでに成績が良い子であれば、そこからさらに偏差値が20アップするというようなことは常識的に考えてもそれはさすがにないかなと思います。

どちらかと言うと、やはりビギナー向けです。国語ビギナー。「何が分からないのか分からない」「何をすればいいのか分からない」というような基本が出来ていない子どものために、どうすれば良いのかが書かれている本です。

3:目次

以下、『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!』のおおまかな目次です。

  • 序章 なぜ、私の教え子たちはグングン国語力をつけていったのか?
  • 第一章 じつに意外! 国語ほどシンプルでクリアな科目はない
  • 第二章 国語力アップの決め手! 「言いかえる力」はこう身につけよう(1)
  • 第三章 国語力アップの決め手! 「言いかえる力」はこう身につけよう(2)
  • 第四章 ここで大きな差がつく! 「くらべる力」はこう身につけよう
  • 第五章 これで国語は完全攻略! 「たどる力」はこう身につけよう
  • 終章 親の心がまえ・接し方で、子どもの未来は大きく変わる

目次を見ればおおよその内容が推察できると思いますけれども、国語力を上げるためには、次の3つがポイントになるとおっしゃっています。

  • 言いかえる力
  • くらべる力
  • たどる力

これすなわち、何なのか? といえば、論理的思考力です。

国語の試験では、感性を問われていると誤解されがちですが、じつは論理的に考えて答えを導き出すための能力が問われています。

ですから、論理的思考力がアップすれば、おのずと国語の得点力も上がり安定します。そしてこの本には、論理的思考力を上げるためのコツが書かれているのです。


読解力を高める基礎の基礎「言いかえる力」

それでは、『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』の第2章から、ほんの少しだけご紹介いたします。

1:例題

またまた突然ですが問題です。(以下、『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』のP74より引用)

【例題】:次の文章を読んで問いに答えなさい。

雨だと思っていたけれど、晴れた。怒られると思っていたけれど、怒られなかった。会えないと思っていたけれど、会えた。つまり、予想外のラッキーな展開が重なったというわけだ。

(問1)

「雨だと思っていたけれど、晴れた。怒られると思っていたけれど、怒られなかった。会えないと思っていたけれど、会えた。」とありますが、この部分はどんなことを伝えようとしているのですか? 25字以内でまとめなさい。

2:解答と解説

いかがでしょうか。長いこと生きていれば、答えは「予想外のラッキーな展開が重なったということ」を伝えようとしているのだと直感的に分かると思いますが、なぜそうなのか説明するとなると少し難しそうです。

この文章は、次のように3つに分解すると分かりやすくなります。まず具体的な話をして、「つまり」をはさんで、何を言わんとしているのか? を抽象的に言いかえている文章です。

雨だと思っていたけれど、晴れた。怒られると思っていたけれど、怒られなかった。会えないと思っていたけれど、会えた。つまり、予想外のラッキーな展開が重なったというわけだ。

「具体」と「抽象」。さて、なぜこのような書き方をする必要があるのでしょうか? それは、なぜ文章を書くのか? を考えてみれば分かります。

文章というものは、自分が伝えたいと思っていることを、伝えたい相手に分かってもらいたいがために書きます。(その相手に伝わる分かりやすい文章こそが良い文章です)

それでは仮に、次のように具体的なことしか書かれていない文章だけだったら、いかがでしょうか。

雨だと思っていたけれど、晴れた。怒られると思っていたけれど、怒られなかった。会えないと思っていたけれど、会えた。

これだけだと、「ん? え? それで結局のところ何が言いたいの?」「つまり、どういうこと?」と突っ込みを入れたくなりますよね。これでは相手にうまく伝わらない。

また、次のように抽象的なことしか書かれていない文章だけだったら、いかがでしょう。

予想外のラッキーな展開が重なったというわけだ。

これだけだと、「ん? 具体的に言ってもらわないと何が言いたいんだか分からないよ」「予想外のラッキーなことって何よ?」と突っ込みを入れたくなりますよね。これもやはり相手にうまく伝わらない。

つまり、「具体」→「抽象」(あるいは「抽象」→「具体」)というペアで書くと、文章は分かりやすくなるのです。文章というものには、このように「言いかえ」を行って分かりやすくする傾向があるんですね。

こうして考えてみると、少しずつ法則のようなものが見えてきませんか?

  • 「具体」→「抽象」という文章の場合は、「つまり」が、キーポイントになっているのではないか?
  • 具体的な事柄が書かれている文章を指して、「この部分はどんなことを伝えようとしているのですか?」という問題を出されたら、抽象的な事柄が書かれている文章の中に答えがあるのではないか?

これらを公式化すると次のようになります。(以下、『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』のP75、P76より引用)

  • 「AつまりB」のとき、Aは具体、Bは抽象です。
  • 問われている部分が具体(A)なので、抽象(B)に答えがあります。

3:夏目漱石『草枕』

さて、それでは、『草枕』の問題をもう一度見てみることにしましょう。上述の公式にあてはめて、同じように考えてみればすぐに分かるはずです。

まず、具体的な文章が書かれています。そして、「つまり」は省略されていますが、つまり、何を言わんとしているのか? と言えば、抽象的な文章に言いかえられて答えが書かれているわけです。

山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。(つまり)兎角(とかく)に人の世は住みにくい。

漱石さんは、「人の世は住みにくい」ものなのだと、『草枕』の冒頭で主人公(画工)に言わせたかったんでしょうね。

4:もっと分かりやすく書かれているので安心です

さて、いかがでしたか? この本には、このような国語力を身につけるための方法が、無理なく学べるように段階的に紹介されています。(ここで書いた内容はほんの一部、基礎の基礎です)

私の説明が悪くって、分かりにくかったかもしれませんが、『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』には、もっと分かりやすく書かれていますからご安心くださいませ。

子どもに聞かれてから準備していては遅すぎます。他の子どもたちは方法を知っているのに、わが子だけその方法を知らないという状況は、子どもにしてみればつらいですよね。

子どもの学習環境が改善されることを待つよりも、良い指導者がいないと嘆いているよりも、書店へ行って一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。親御さんの成長は、子どもの成長へとつながっています。


この本のおすすめ度

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!』のおすすめ度は、85点です。

『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前!』のおすすめ度は、85点

この本の良いところは、漠然とした国語の勉強法を廃し、段階的かつ具体的な方法を取り入れて、それがより分かりやすく説明されているところにあります。

子どもの学習のために書かれている本ではありますが、読解力に自信がない人や、論理的に物事を考えるのが苦手な人にも役立つ内容となっているように思います。

子どもに勉強を教えながら、自分も論理的思考(の基本的なところ)を磨くことができる良書と言えそうです。


それでも物語文の読解問題は難しい

1:P200の例題について

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』のP200に、次のような例題が掲載されています。みなさんも良かったら考えてみてください。

12 次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。

今日は児童館のクリスマス会。

会場は明るい雰囲気に包まれ、アヤコも楽しそうにすごしていた。

でも、プレゼント交換の時間になると、アヤコの表情がしだいにくもり始めた。

みんながプレゼントをテーブルの上に出したとき、アヤコだけは何も出さなかった。

アヤコは、ときどきみんなの様子を気にしながら、自分の手さげバッグのなかを手さぐりしたり、のぞき込んだりしている。

そんなアヤコに、となりの席のミキが心配そうに声をかけた。

「アヤコ、プレゼントは?」

「おかしいな……」

「もしかして、忘れちゃったの?」

アヤコはそれには答えなかった。荷物のなかをさぐっていた手を止めてうつむき、しばらく黙ったかと思うと、声をおさえて泣き始めた。小さな肩が、しずかにゆれていた。

(問)アヤコが泣き出してしまったのは、なぜですか?

2:私が考えたこと

私は次のように考えました。解答を導き出すためのポイントとなる文は、次の3つです。

  • アヤコは、ときどきみんなの様子を気にしながら、自分の手さげバッグのなかを手さぐりしたり、のぞき込んだりしている。
  • (「アヤコ、プレゼントは?」に対して)「おかしいな……」
  • (「もしかして、忘れちゃったの?」に対して)アヤコはそれには答えなかった。

「1」、第一段階の感情として、プレゼントを忘れてきてしまったことに対するバツの悪さ、恥ずかしさが表れています。何度もバッグを見返しているのでしょうね。私にもこういう経験があるのでよく分かります。

また、周りの子たちが、プレゼントを机の上に出して嬉々としている様子も伺いしれます。忘れてきたのが自分だけだと分かるにつれ、さぞかし心細く感じていることでしょう。

「2」、第二段階の感情としては、なぜ無いの? ちゃんと入れたはずなのに! まったくもう何をやっているのよ、わたし! という自分に対する憤りが感じられます。

きっと、何日も前からプレゼントを準備して楽しみにしていたことでしょう。クリスマス・プレゼントの交換は、イベントの中で一番重要ですものね。なければ、おかしいのです。

「3」、第三段階としては、打ち寄せてくる自責の波を押し戻すための感情がわき立ちます。そんなはずはない! 私はもってきたはずだ! という事実を受け止めがたい気持ちがあるから、素直に「忘れてきてしまった」とは答えられないでいます。

つまり、なぜアヤコが泣き出してしまったのかと言えば、それは、不甲斐ない自分への憤りによるものです。自責の感情へ抵抗するために、「泣く」という発露が必要だったわけです。

3:模範解答

模範解答は、次のようになります。(以下、P204から引用)

みんなのなかで自分1人だけがプレゼントをもってくるのを忘れてしまったということに孤立感を覚え、心細くなったから。

私は、この模範解答を否定するつもりはありません。おそらく、模範解答を用意した人は、言葉の端々から、感情をつぶさにすくい上げ、論理的に考えてこれが正解だと考えたのでしょう。

ただ、否定はしませんが、私の考えについても間違っているとは思えません。自分の考えがどこか論理的に大きな破綻をみせているようには思えないからです。

そしてこれは、どちらが間違っているとか、そういうことを言いたいわけではないのです。やはり、物語文の読解問題というのは、そもそも厄介なものであるということです。

もしかすると、「論理的思考」だけでは、十分に解決できない何かがまだあるのではないかしら? とも感じました。あるいはまだ発展の余地があるのかもしれません。

この問題、みなさんはどのように感じ(考え)ましたか?


福嶋隆史さんの主な著作物

国語の勉強に役立つ本。

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前! ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕 論理的思考力を鍛える超シンプルトレーニング―人気国語塾発!「3つの型」で驚異の効果!

その他、勉強を好きにさせる本、ビジネスマンに役立つ本。

わが子が驚くほど「勉強好き」になる本 「ビジネスマンの国語力」が身につく本
前の記事へ
次の記事へ

次回予告

次回は、役立つフリーウェアをご紹介する予定です。


関連記事

スキルアップしたい人のための記事をご紹介します。

作成日:2011/10/15 更新日:2011/10/15

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

アイアム ノーバ~ディ

ロンリーソルジャーKumaCrowさん、おはようございます。

小林マッハさんが出てくる本、問い合わせたところ大手書店では確かに入手不可能でした。
古本屋さんに立ち寄ったときに覚えていたら探してみようかな・・・。


国語の勉強って必要?と子供の頃に思ってて、
あるときに先生にその疑問を投げかけたところ
「日本語の理解が浅いと試験の問題文を理解出来ないでしょ?」
と言われ、たちまち納得という考えの浅い者でございます。


ところでアヤコが泣いた件です。
私はKumaCrowさんとも模範解答とも違う感じを持ってしまった。
そもそもアヤコはプレゼントなど用意できなかったのではないか?と。
問題文以外のところを読んでみないと本当のところはわからないけど、
その場を取り繕うのにカバンの中にプレゼントは無いとわかっているのに探すふりをしたのではないか?と思いました。
または「神様がプレゼントを入れてくれていたらどんなにいいかしら」「そんなことはない、在るはずはないのだ」「あぁ、でも間違って入っていたら!」とか交互に思っていたのでは・・・などと。
「プレゼント交換の時間になると、アヤコの表情がしだいにくもり始めた」
の部分が、これは持ってきていないから迫り来るバツの悪いひとときを予想してブルーになってきている?と思った。


アタシは悪い方に勘ぐり過ぎかもしれませんね。
下衆の勘ぐり+エスパー要素もあるかも・・・。

アヤコカワイソウ

私の国語力が残念な感じなので、子供にはなるべく本を読ませようと思っていますが、なかなか親の想いが伝わらず・・・。

こういった書籍は親が読んで子供に伝えるしかないような気もしますけど、文章を読み取る力は、一朝一夕に身につくものでもないので、親子で努力するしかないのかもしれないですね~。

アヤコの例題ですが、私はおもいっきり深読みしてしまい、アヤコの家は貧乏でプレゼントが用意出来なかったからだと思ってしまいました(~_~;)

そういう不幸な小説読みすぎかもしれません・・・

アヤコ! それプレゼントとちゃう。プレジデントや。

Missdiamondさん、こんにちは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

【1】マッハ小林本
> 小林マッハさんが出てくる本、
> 問い合わせたところ大手書店では確かに入手不可能でした。
> 古本屋さんに立ち寄ったときに覚えていたら探してみようかな・・・。
>
あらーごめんなさいね。
そう、一般の書店ではもう見つからないと思います。

おそらく絶版本。

古本屋さんで見かけたら、すぐ買ったりせずに、
手にとってご覧になってみてください。

また、最新の良き本があるならば、
そちらの方が良いとも思いますけどもね。


【2】国語の勉強って必要?
> 国語の勉強って必要?と子供の頃に思ってて、
> あるときに先生にその疑問を投げかけたところ
> 「日本語の理解が浅いと試験の問題文を理解出来ないでしょ?」
> と言われ、たちまち納得という考えの浅い者でございます。
>
問題文の理解力を高めるので、全科目に影響しますよねー。

単に試験問題の内容を理解するだけでなく、
試験問題を作った人の意図まで読めるようになると、

それはそれは楽になります。


【3】アヤコ
> ところでアヤコが泣いた件です。
> 私はKumaCrowさんとも模範解答とも違う感じを持ってしまった。
> そもそもアヤコはプレゼントなど用意できなかったのではないか?と。
> 問題文以外のところを読んでみないと本当のところはわからないけど、
> その場を取り繕うのにカバンの中にプレゼントは無いと
> わかっているのに探すふりをしたのではないか?と思いました。
> または「神様がプレゼントを入れてくれていたらどんなにいいかしら」
> 「そんなことはない、在るはずはないのだ」
> 「あぁ、でも間違って入っていたら!」とか交互に思っていたのでは
> ・・・などと。
> 「プレゼント交換の時間になると、アヤコの表情がしだいにくもり始めた」
> の部分が、これは持ってきていないから迫り来るバツの悪いひとときを
> 予想してブルーになってきている?と思った。
>
すごいですねー。ヾ(*´∀`*)ノ

模範解答や、私の解答より
よほどおもしろい物語の展開になると思います。

きっとアヤコはの家は、生活が苦しいのでしょうね。

親にクリスマス会のプレゼントのことを言いたかったが、
どうしても言えずに当日をむかえてしまった。

プレゼント交換の寸前でさっと部屋を出ようと思っていたけれど、
ついつい楽しくてタイミングを逸してしまったのでしょう。

分かっていながら、カバンの中を探すアヤコ。
切ないわあ。この話のほうが物語がぐっとしまりますね。


すばらしいです。
やはりMissdiamondさんも創作したらいいのにー。

こういうセンスって、
なかなか得ようとして得られるものじゃあないもの。

文章もうまいんだし、書いたら良いと思う。(´▽`)♪


【4】オールブラン

オールブランさっそく買ってきました。

でも、ちょっと、なによもうこれ。本当に高いじゃないのさ。
417円って、あーた。

思わず後ずさりして、後ろの棚に脱糞しそうになったわよ。
あと少しで、見ただけで買わずに済むところだったじゃないのさ。

まあ買いましたけどね。ええ買いましたとも。
もう清水ダイブですよ。自棄のやんぱちでやんすよ。

さあどうしてくれようか。

とりあえず、今朝もう出ているので、
次回まで待ちたいと思います。

便秘が来るのが待ち遠しいです。
指おり数えて待ちたいと思います。

ありがとうございました。(*´∀`)人(´∀`*)たー

アヤコ! それプレゼントとちゃう。エフゲニー・ヴィクトロヴィチ・プルシェンコや。

fuminchuさん、こんにちは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

【1】国語力
> 私の国語力が残念な感じなので、
>
んなこたあない。(´Д`;)

fuminchuさんが残念な感じとか言い出したら、
あたしとかどうやって暮らしていったらいいのよ。ぷーすかぷーすか。


【2】子どもと読書
> 子供にはなるべく本を読ませようと思っていますが、
> なかなか親の想いが伝わらず・・・。
>
子どもにとってのおもしろい本が見つかれば、
一発で変わるのではないかしら。


【3】こういった書籍
> こういった書籍は
> 親が読んで子供に伝えるしかないような気もしますけど、
> 文章を読み取る力は、一朝一夕に身につくものでもないので、
> 親子で努力するしかないのかもしれないですね~。
>
小さいうちから、親子で楽しみながら、
きゃふっきゃふってしたらいいんだと思います。


【4】アヤコ
> アヤコの例題ですが、私はおもいっきり深読みしてしまい、
> アヤコの家は貧乏でプレゼントが用意出来なかったからだと
> 思ってしまいました(~_~;)
>
> そういう不幸な小説読みすぎかもしれません・・・
>
うわっ! Missdiamondさんと同じやん。

なんだろ、感性の豊かな人たちは、
そう感じるパターンのやつなのかしら。

たしかに、貧しくてプレゼントが買えなかったというほうが、
ドラマチックになりますよね。

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/732-2a6f3774
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて