アイデアがわき出す人間になるための 7つの方法

ブログが作りたい!書評 > アイデアがわき出す人間になるための 7つの方法

アイデアがわき出す人間になるための 7つの方法

アイデアがわき出す人間になるための 7つの方法

『スウェーデン式 アイデア・ブック』

以前、アイデアを生み出すための基本的な考え方として、J・W・ヤングさんの『アイデアのつくり方』という本をご紹介いたしました。

しかし、アイデアを出すことに慣れていない人は、これだけではなかなかうまくいかなかったかもしれません。

そこで、今回ご紹介したいのが、フレドリック・ヘレーンさんの『スウェーデン式 アイデア・ブック』という本です。

この本を読むと、アイデアを生み出すためのよいトレーニングになると思います。発想力を伸ばしたい人は、良かったら、どうぞご一緒に。


アイデアがわき出す人間になるための 7つの方法

スウェーデン式 アイデア・ブック』の中には、アイデアを生み出すためのヒントが30ヶ掲載されています。その中から厳選して 7つほどご紹介させていただきます。

スウェーデン式 アイデア・ブック

1:頭が冴える場所を把握しておく

人間には、頭が冴えるアイデアの浮かびやすい場所というものが存在します。この本で紹介されているのは、次のような場所です。

  • バー(Bar)
  • バスルーム(Bathrooms)
  • バスに乗っているとき(Busses)
  • ベッド(Beds)

「4B」と呼ばれているそうですが、私もバスルームとベッドについては、よく分かります。

でもこれ、Bar(バー)って、どうなんでしょう。きれいな女性やイケメン男子でもいようものなら、気になってしょうがない気もしますけどね。

ちなみに、私の場合は、次のような場所・状況になると、アイデアが出やすくなります。

  • 横になって考えごとをする(Beds)
  • 歩く、散歩する(Walk)
  • トイレに入る(Rest room)、湯船につかる(Bathrooms)

自分なりのアイデアが出やすい場所、あるいはルーチン(決まった手続き)をつくっておきましょう。

2:まだまだ世界は変化していくものだと理解しておく

古くは電話や、飛行機、近代であれば、ケータイやインターネットなど、ほんの少し前までならば誰も信じられないような世界が現実となっています。

いまがピークではない。まだまだ世界は変化していくものなのだと理解しておく必要があるそうです。

人ってのは、誰も先のことなど見当がつかないはずなのに、不安や虚栄から自分だけは分かっているのだと思いこみたくなるものですよね。

そんな気持ちを少し横に置いて考えてみると、良いアイデアにつながりやすくなるようです。

自分で限界をつくらない。慢心しない。世界は、より良い世界を作るために、あなたのアイデアを待っています。

3:常識を疑ってみる

「そんなの当たり前じゃん」とか、「できっこないよ」と思っていることを疑い、どうすれば取り除けるか考えてみると、新たなビジネスにつながるアイデアが生まれやすいそうです。

考えるときの手順は、以下ようです。(『スウェーデン式 アイデア・ブック-P12-』より引用)

  • 業界・製品に要求される基本的な条件をすべて書き出す。
  • そのうち、1つを取り除いてみる。

例えば、フリーペーパーなどは典型的なものですよね。雑誌であるならば、当然、お客さまに書店やコンビニなどで、お金を払って購入していただくわけですが、そうではない。

当然「有料」でなければいけないという基本的な条件を取り除いて、「無料」にしているわけです。お客様からではなく、広告主から収益を得ることでビジネスは成り立ちます。

ユーザ層をしぼり込み、広告主の商品やサービスへとつながりやすくできるならば、一般紙よりも高い収益をあげることだって可能です。

あんたはさっきからそうやって、「常識」、「常識」というけれど、いったい「常識」ってなにかね?

4:他の方法がないか考えてみる

良いアイデアを生み出す人というのは、良いアイデアだけでなく数多くのどうしようもないアイデアも排出しています。

しかし彼らは、そんなことは気にするようすもありません。

それはなぜならば、失敗することなんか恐れていないためです。良いアイデアを生み出す人にとっては、失敗は成功への「糧(かて)」でしかありません。

トレーニング方法は、以下ようです。(『スウェーデン式 アイデア・ブック-P14-』より引用)

レンガ 1個の使いみちを、15分間で 50通り考えてみてください。

とにかく、より多くのアイデアを出すことに慣れておくと良さそうです。

おそらく、「家を建てる」とか、「暖炉を作る」、「人を殴る」などは、誰でも考えつくようなありがちな発想ですが、最初のうちは気にしなくてよろしいかと思います。

「こんなアイデアはつまらないよな」と否定している暇はありません、どんどん書き出してみましょう。

5:組み合わせる

平凡なアイデアであっても、アイデア同士を組み合わせることで、とても斬新なアイデアに化けることがあります。

例えば、池上彰さんが出演する番組は、のきなみ高い視聴率を獲得しました。ちなみに、「いい質問ですねえ!」が、2010年の流行語大賞にも入りました。

これってじつは、「ニュース・情報番組」に「分かりやすさ」というものを組み合わせただけなんですよね。成功するアイデアというのは、意外とシンプルなものが多いようです。

そしてさらに抜け目なく、「ひな壇芸人」と呼ばれる人たちを共演させ、できの悪い生徒役を演じてもらうことで、より分かりやすさが強化され、おもしろみもプラスされています。すばらしいですね。

池上彰さん

アイデアを組み合わせるトレーニングとしては、ダジャレが良いのではないかと思います。いわばこれは、関係のない2つのことの中に、共通する部分を発見し、つなぐ行為です。

ただの言葉遊びで終わってしまうとあまり意味はないかもしれませんが、異質なものを組み合わせる習慣づけとしては、とても役立つように思います。

お父さんが寒いおやじギャグを言ったとしても、若い娘さんはあたたかい目で見守ってあげましょう。

6:ニーズから考える

良い商品・サービスというのは、誰かの不平や不満、不便を解決してくれるものが多いように思います。

スウェーデン式 アイデア・ブック』では、次のようなトレーニングを薦めています。(P33より引用)

イライラさせられることを10個、書き出してください。また、自分が扱っている製品やサービスについて、よく承る苦情を10個挙げてみてください。

これは、日ごろ感じていることを率直に出せばいいので、アイデアを出すのが苦手な人にも、取っ掛かりやすいのではないでしょうか。

本当に困っている人の問題を解消してくれる商品・サービスは、必ずヒットします。

7:あなたのアイデアは分かりやすく簡潔に説明できますか?

大昔は、難しい言い回しや専門用語を並べ立てることが賢い人を象徴するものでしたが、近代においては逆に愚かしさの象徴と受け取られてしまうこともあります。時代は変わるものですね。

前述の池上彰さんもそうですが、「分かりやすく伝える」ということが、とても重要な意味をもつようになりました。

スウェーデン式 アイデア・ブック』でも、次のように述べています。(P43より引用)

そのアイデアのどこが良いのか、子どもにも分かるように説明してください。

その商品・サービスの本質を、簡潔な形で説明できないのであれば、それはきっとどこかに無駄なことがあるのです。

もう一度、アイデアを練り直すことで、より良いものとなるかもしれません。おそらく、「これで OK!」と思った地点が、ようやくスタートラインなのだと思います。

かっこうばかりで中身のないアイデアは、退屈なだけです。ごまかしてはダメ。


創造性テスト(問題)

スウェーデン式 アイデア・ブック』に掲載されていた創造性テストは、IQテストみたいな問題ばかりで、あまりおもしろみがありませんでした。

そこで、僭越ではありますが問題を考えてみました。もちろん、答えはひとつではありません。良かったら、お試しあれ。

【問1】:お味噌汁を過不足なく作るには?

あなたは、母親からお味噌汁を作るように言われました。祖父、祖母、父、母、あなた、全員あわせて家族5人分のお味噌汁が必要です。

また、母親から「多くても、足りなくてもダメよ」と言われてしまったので、過不足のないように作らなければいけません。

ところが、軽量カップなどの量を測るための道具が台所にはありません。どうすれば、よいでしょうか?

【考える時間の目安:5分】

【問2】:小さいサツマイモはどうすれば売れるか?

おいしいサツマイモの季節がやってきました。あなたは、農場主です。サツマイモを収穫して、できるだけ利益をあげなければいけません。

ところが、天候が影響したためか、あまり大きいサツマイモは採れませんでした。

市場にもっていっても、小さいサツマイモは「小さ過ぎて売り物にならないよ」と言われてしまいました。あなたなら、どうしますか?

【考える時間の目安:5分】


創造性テスト(解答サンプル)

創造性テストの解答サンプルです。もちろん、これだけが正解ということではありません。

【解答サンプル1】:お味噌汁を過不足なく作るには?

この問題はわりと多くの解答が出せたのではないでしょうか。例えば、以下ようです。

  • 食べるときの味噌汁のお椀で、人数分の水を鍋に入れる。水の量にあわせて具の量を決める。
  • 軽量カップを買ってくる。
  • 軽量カップを借りてくる。
  • どのくらい作ればいいか母親に聞く。
  • 即席の味噌汁を使う。
  • お弁当屋さんからお味噌汁だけ買ってくる。
  • 多めに作って、いつもとは違う大きいお椀で出す。
  • お味噌汁を止めて、水炊きにする。
  • 外食に誘う。
  • 祖母に丸投げする。
  • 作るのを断る。

必ずしも正解があるわけではありませんから、柔軟により多くの他の方法を考え出せるとよろしいかと思います。

【解答サンプル2】:小さいサツマイモはどうすれば売れるか?

これは、実は以前ニュースでやっていて、「へー、なるほどねー」と思ってメモしていたものです。

そのニュースでは、小さいサツマイモは、家庭のストーブで焼くのに丁度良いサイズということで、商品名やパッケージを工夫して売上を伸ばしたというお話でした。(おおよそ、そのような話だったと思います)

商品の用途を明確にすることで、ユーザへの訴求効果がアップしたわけですね。ユーザニーズをよく理解した良いアイデアだと思います。こういう商才が足りない私は、えらく感心してしまいました。

私は恥ずかしながら、スイートポテトにするだとか、加工品にするくらいの考えしか浮かびませんでした。

でも、それは商売にならないですよね。スイートポテトにするサツマイモはサツマイモで例年採れているわけですから、安く買い叩かれるのがおちです。

おそらく、大きいサツマイモの売上にも影響するので廃棄したほうが良いレベルですね。


最後に

最後に、『スウェーデン式 アイデア・ブック』に掲載されていたノーベル生理学 医学賞受賞者アルベルト・セント・ジェルジ・フォン・ナギラボルドさんのお言葉。(P50より引用)

発見は、ほかのみんなと同じ物を見て、違うふうに考えることによって生まれる。

ほんの少しの視点の違いなんですよね。気付くか、気付かないかで人生は大きく変わります。

アイデアのつくり方 スウェーデン式 アイデア・ブック
前の記事へ
前の記事へ

次回予告

次回も、また何か役立つ本をご紹介する予定です。(予定を変更して、アイデアの種:「○○で例えるなら?」を書きました)


関連記事

スキルアップしたい人のための記事をご紹介します。

作成日:2011/02/01 更新日:2011/02/01

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

idea

スウェーデン式 アイデア・ブック面白そうですね!
購入リストに入れちゃいました(^o^)丿

とてもタイムリーなんですけど、今アイデア本を集めていて、
5冊揃えたところでした。

頭が冴える場所は、欧陽脩の言うところの
「三上(馬上・枕上・厠上)」に似た感じでしょうかね。

アイデアを得るには考え続けなければいけないのと、
いかに数多くネタ出しできるかと、日々の訓練が
重要だと思ってます。

小さいサツマイモはネーミングを「コロサツ」とか「チビサツ」
とかにしてかわいいパッケージにすれば売れないですかね?
萌絵をパッケージにすれば簡単に・・・(自粛)

アイデア本

fuminchuさん、こんにちは!( ・∀・)ノぐもに
コメントありがとうございます。


ほほー、アイデア本5冊とは、興味深いですなぁ。
あと有名どころというと、この辺でしょうか。

『発想法』(川喜田 二郎)
『考具』(加藤 昌治)
『アイデアのヒント』(ジャック フォスター)
『「超」発想法』(野口 悠紀雄)

おもしろい本があれば、教えてくださーいい。


頭が冴える場所は、昔から言われているんですね。
おおよそ、みんな共通する場所になるのでしょうね~。

馬にのったことがないので分かりませんが、
馬上いいんですかね。のってみたい。


そうですねー、萌え絵は「あきたこまち」がはしりですかね。
組み合わせの妙。よく考えつきますよね。

ほんと売り方ってのは、いろいろあるんだなーと、
感心させられます。

上手いことが思いつかない

KumaCrowさん、こんにちは。

創造性テスト、面白いですね。
私も考えてみたんですが、
味噌汁はお椀で計り、さつまいもはお菓子に加工して売るしか思いつきませんでした。
実際にそういった行動を(私なら)とりそうな
「祖母に丸投げ」や「断る」あたりがなんで思いつかないんだろう・・・。
模範解答をしてやろうという欲と、思いついたらそれがナイスアイディアと思い込んでしまうところで凡人の域を出ないんだなという気がしますわ・・・。

味噌汁なんかはお椀計量以外に回答はないだろうくらい思っちゃいました。


さつまいもは、他の野菜とセットで使うばかりに切りそろえて「シチューセット」「天ぷらセット」で売るとか・・・。
↑まだこだわる。現実には小さいさつまいもを切ったりするコストのほうが高くつくんでしょう、たぶん。


ダイエット、お腹を壊してちょっと中断です。
飼い猫の健康管理はばっちりできるのに、自分の健康管理がどうもアヤシイようです。

奥さん、ボクも焼き芋むいちゃいました

Missdiamondさん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぐい
コメントありがとうございます。

あーそうですよねー、普段、料理をしている人には、
逆に難しい問題になってしまったやもしれませぬ。

「お椀を使えばええやーん」と、気づいてしまいますものね。
なかなか問題から逸脱しにくくなる。


サツマイモの方は、そもそも難しいですよね。
ほいほいアイデアが浮かぶような問題ですらないもの。

既存の市場からできるだけ離れて、
新たな市場を開拓するところへどれだけ近づけるかが、

ポイントなのだと思いますが、
言うは横山やすし、行うは西川きよしですなぁ。

あとは、小さいことが逆にメリットになってしまうという、
逆転ウルトラCみたいなところですよね、ほしいのは。

難しい。(´Д`;)


ニーズはあると思うんですよね、例えば、いまって、
昔と違って石焼き芋がバカみたいに高いじゃないですか。

あれって、ガソリン代が高いからなのかしらね。

出来たてにこだわらずに、石を積んだ車をやめて、
保温できるだけにして、

小さいのや、ぶかっこうなものを安く提供するとかすれば、
どうなのでしょうねー、うーん・・・シンプルさが足りない!


小さいからこそといえば、「甘栗むいちゃいました」みたいに、
「奥さん、ボクも焼き芋むいちゃいました」とかどうかしら。

すでに皮がむいてあって、携帯できて、手軽に食べられる。

あ、調べたら似たようなのありますね。
石川の会社「かわに」さんの「掘ったイモ、焼いちゃいました」

小さくはないみたいだけど。


私もあまりダイエット頑張らないようにしています。
ストレスになってもいけないし。

どうぞご無理なく。お腹お大事に。(*´-`)(´-`*)

はじめまして

小さいサツマイモ・・・う~む。
おっと、初めてのコメントです。
PCスキルと人間性の向上のため、かねて愛読しております。

現在はGIMPと格闘中で、KumaCrowさんの手取り足取り、そこまで触っちゃいやん的な、分かりやすい解説が大変役に立っています、感謝。

この本も面白そうですね。
でも、確かにバーというのが不思議です。
本性をさらけ出した人間を見ることが刺激になるとか、なのかしらん。
でも、こういう思考こそが常識にとらわれている証拠かもしれません。
とりあえず明日、サツマイモを持ってバーに行ってみたいと思います。

英語!

citizenKさん、こんにちは!( ・∀・)ノおはつー
コメントありがとうございます。

はじめてのコメントをいただき、
ありがたきしあわせにて候、ござそうろう。

へっへっへっ、ここか?ここがええのんか?的な、
GIMP記事もご覧いただき、まことにありがとうございまする。


そうなんです。バーは不思議ですよね。
海外の場合は、だいぶ違うのかしらん。

バーというと、カウンターのイメージが強いんですけれども、
ばふっと座る高級ソファみたいなところで飲むんですかね。

おそらく、本性をさらけ出して、
ネクタイを頭に巻いているような人はいないのでしょう。

・・・それは、日本でもいないか。(´Д`;)
刺激といえば、刺激。

なるほど、おっしゃる通り。
常識にとらわれてしまっておるのですね、これは。

私も、サツマイモをもってバーへ行って、
「どや?こんな大きいのん、見たことおまへんやろ?」

とか言ってこようと思います。

面白かったです♬

すごい面白かったです♪
Kumacrowさんのオススメ本は、買いたくなっちゃいますね~♬
コメント欄に書かれてた本も含めて、是非読みたいと思いました。
私は約45分の道のりを徒歩で通勤してますが、その時にいいアイデアが浮かんだり、自由に物事を考えられたりする時もありますが、仕事場に着いた頃にはすっかり忘れてるなんて事が多々あります。

いいアイデアが浮かんだりした時、メモれるように小さいメモ帳を買おう♪って事も夜寝る時ぐらいに思い出したりしてますが。。

スマートフォン+Evernote

Bills nagaoさん、こんにちは!( ・∀・)ノお久しぶりーふ
コメントありがとうございます。

楽しんでいただけたようで、良かったです~。(´▽`)♪

そんなに分厚い本ではありませんから、本屋さんへ行って、
パラパラっとご覧いただくだけでも、よろしいかもしれませぬ。

機会があれば、お手にとってみてくださーい。


いいですねー。45分くらい歩くと、健康にも良いし、
アイデアもばりばり浮かんできそうです。

野球のことが多いのかしら。
そういえば、今年の楽天はちょっと楽しみです。

岩村さんと松井さんが入って、
何かやってくれそうな期待感があります。

全体的に、ルーキーも豊作年な感じもいたします。


浮かんだアイデアは、おっしゃる通り、
メモ帳をもって歩くと良いそうです。

いまどきなら、スマートフォン+Evernoteみたいな
そんな感じなのかしらん。よろしおますなぁ。

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/708-e0955b84
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて