「好き」なことを探し当てるために考えること

ブログが作りたい!自分を育てる > 「好き」なことを探し当てるために考えること

「好き」なことを探し当てるために考えること

「好き」なことを探し当てるために考えること

本当に私がしたいことって何だろう?

次のような、いわゆる分岐点に立ったとき、「人生を通して自分がやりたいことって何だろう?」とか、「本当に好きなことって何だろう?」と思い悩むことがあるのではないでしょうか。

  • 学校でクラブ(部活動)を選ぶとき。
  • 高校や、大学で何を専攻するか考えるとき。
  • 就職先を決めるとき。

今回は、以前書いた記事『「自分探しの旅」で迷子になったら・・・。』を補強する形で、どのようにして自分の「好き」なことを明確にしていけば良いかを考えてみようと思います。

「本当にやりたいことなんて、自分でも分からないよ!」という人は、良かったらご覧になってみてください。


「本当に好きなこと」と「単なる得意なこと」の違い

まずは、私が考える「本当に好きなこと」と「単なる得意なこと」の違いについてお話します。

1:「本当に好きなこと」とは?

「本当に好きなもの」には、次のような傾向があるように思います。

(1)「やるぞ!」と思う前にすでにやっている

自分が本当に好きなものは、「どっこいしょ」という間がないんですね。それは、「やるぞ!」と思う前にすでにやっているためです。

例えば、絵を描くのが本当に好きな人は、暇さえあれば描いています。あるいは、常に考えています。どうすれば、うまく描けるだろうかと。

また、「好き」なことのためになる本を買ってきたら、すぐにやりはじめます。買ってきたことに満足して、「テレビを観てからやろうかしらん」なんてことは思わないんですね。

長期的にみても、「夢」なんていう淡い状態ではなく、すでに「目的・目標」として実行している状態にあるので、必須事項をクリアしていくテンポが良く、達成しやすいようです。

(2)言い訳をしない

「本当に好きなこと」であれば、例えば「まだやるべき時期ではない」というような言い訳が口から出ることはありません。

ほんの小さなことであっても、何かしら目的に向かってすでに行動しているはずです。

言い訳が出るようなら、それは「本当に好きなこと」なのか疑ってみた方がいいのかもしれません。

(3)時間を忘れる

自分が「本当に好きなもの」をやっていると、時間を忘れてしまいます。寝食すら忘れて没頭してしまうんですよね。

マズローの欲求段階説では、前の段階が満たされないと次に進まないと言われていますが、「本当に好きなこと」を(自己)実現したいというときは、それを飛び越えた特殊な状態にあるのです。

マズローの欲求段階説において「必ずしも低次元の欲求が満たされている必要はない」

もちろん限度はありますが、眠くても、お腹がすいても気がつかず、誰かに褒めてもらわなくてもモチベーションを維持できるのが、「本当に好き」ということなのだと思います。

「本当に心底好きなこと」は、内的要因による影響が大きいといえます。

2:「単なる得意なこと」とは?

「単なる得意なもの」については、次のような傾向があるように思います。

(1)環境に左右されやすい

「得意」なことは、多分に環境(外的要因)に左右されがちです。

本当はそんなに「好き」ではなくとも、周りの人たちに褒めてもらえるとうれしいので、がんばってしまうわけです。がんばってしまうので「得意」にはなっていきます。

そして、がんばっているうちに何となくそれが、「本当に自分が好きなこと」なんじゃないかと勘違いしてしまうこともあります。

そのような状態ですから、当然、「単なる得意なこと」というのは、周りの人に褒めてもらわないとモチベーションが維持できないため、バランスを失いがちです。

マズローの欲求段階説において「低次元の状態で、くすぶり続ける可能性がある」

また、モテたいとか、お金持ちになりたいとか、有名になりたいとか、欲求が「主」、目的が「従」となってしまう傾向があります。

(2)限界がある

「単なる得意なこと」は、ある程度までいくと能力に限界がみえてきます。

そもそも、人間は思っているほど器用ではありませんから、「好き」でもないことで、それほどがんばることなんてできません。

「本当に好きなこと」であれば、努力(他者から見た場合の努力)を努力とさえ感じることすらありませんが、「単なる得意なこと」は、常に努力を感じずにはいられません。

そして、「本当に好きなこと」だと勘違いしている場合は、なぜ壁を越えることができないのか?自分でも気付くことができません。

自分では一生懸命がんばって努力しているつもりでも、「単に得意なだけ」ですから、プロになっても、二流、三流で終わりやすいようです。

「単なる得意なもの」というのは、外的要因による影響が大きいといえます。


「好き」と「得意」の分類

「本当に好きなこと」と「単なる得意なこと」の言葉のイメージを分かっていただいたところで、もう少しお話を進めます。

1:「好き」と「得意」の4分類

「好き」と「得意」を組み合わせて考えると、次のように大きく4つに分類できるように思います。

「好き」と「得意」の4分類
[1]:(○)好き、(○)得意

最も良い状態です。そもそも「好き」である上に、さらに環境(外的要因)も良く、「好き」に磨きをかけることができます。

褒められずともがんばれるのに褒めてくれる人がいて、指導してくれるメンターや仲間もいて、マイナスの要素がないので成功しやすくなります。うらやましい状況です。

[2]:(○)好き、(×)得意

環境(外的要因)に恵まれない状態です。「好き」なことはやろうと思えばできるけれど、衣食に不自由したり、メンターや仲間がとぼしいため、すべてを自分でまかなわなければいけません。

それによって、なかなか結果につながらず、成功するまでに時間がかかったり、あるいは途中であきらめてしまう場合もあります。また、「好き」なのにうまくできないことでストレスを感じ続けるかもしれません。

[3]:(×)好き、(○)得意

誰かに無理矢理やらされているか、生きていくためにしょうがなくやっているような状態です。

ただ、環境(外的要因)によっては、平穏で幸せな人生になりえます。良いメンターや仲間がいれば、うまく成長できるので心地良く、とくに問題は起こりません。「好きなことがしたいだなんて贅沢だ!」と感じるようになります。

[4]:(×)好き、(×)得意

最悪の状態です。「好き」なことが見つからないまま大人になり、これといったメンターや仲間にも出会うことができなかったために、「得意」なこともありません。

仮に何かの間違いで、良い大学、良い仕事先に勤めることができても、自己が欠落しており、モチベーションも続かないため、どこかで破綻を起こします。あるいは、周りの人たちを不幸にしても気がつかないことがあります。

2:イチロー選手の場合

例えば、メジャーリーガーのイチロー選手なんかは、左上の方でキラキラ輝いているのでしょうね。

野球が大好きで、メンターに恵まれたことで段階をふんで技術を磨き、着実に成長していく姿はまさに理想型です。

「好き」と「得意」の4分類:イチロー選手の場合

でも、実際に本人に伺ってみないと、今の状況に満足しているかは分かりませんよね。

本当はピッチャーがやりたかったとか、ホームランバッターが良かったとか、多少のズレはあるかもしれませんから。

3:私の場合

ちなみに私の場合は、IT(情報処理)系がさして好きというわけでもなく、得意というほどには成長できていませんから、次のような位置になります。

どうやら、趣味などもまじえて、うまくバランスをとっていく必要がありそうですね。

「好き」と「得意」の4分類:私の場合

このような形で、自分がこれからやろうとしていること(あるいは、もうすでにやっていること)が、どういう状態にあるのか整理して考えてみると良いかもしれません。

本当にこのままでいいのかどうかが考えやすくなるはずです。


「好き」なことを探すときの留意点

1:「好き」スイッチ

「好き」というのは、実はスイッチが入らないと本格的には発動しません。

必要となるある一定のスキルブロックが揃い、しきい値を越えないとスタンバイ状態にすらなりません。

どのような形でスイッチが入るかは、人それぞれです。おそらく、スイッチが入った瞬間に「あ、これだ!」と気がつくはずです。

  • 偶然スイッチが入る。
  • 誰かがスイッチを押してくれる。
  • 意識的に自分でスイッチを押す。

2:「好き」なことを探し過ぎると・・・

自分が「本当に好きなこと」を探すためには、いろいろなことを試してみなければいけません。試してみなければ「本当に好きか?」なんて分かりませんから、当たり前ですよね。

ただ、1個1個をあまりにも丁寧に試し、吟味していると、探しているうちに人生を終えてしまうことがあります。

そして、何もかも中途半端で終えてしまいがちです。人生は短いですよ、気をつけて!

3:「好き」が歪められてしまうこともある

あなたが暮らす環境によっては、本当に何が「好き」なのか、気付かせてもらえないことがあります。

それは、意図的に阻害される場合もあれば、単なる(大人側の)無知によって行われる場合もあります。

また、「得意」なことが増えてくると、「本当に好きなこと」に気づきにくくなることもあります。(逆に「得意」なことによって惑わされます)

ちょっと褒められたからといって、いい気持ちになってしまい、物ごとを見誤らないように注意する必要があります。

それが「本当に自分の好きなこと」なのかどうか、よく考えてみる必要があります。

4:作り手としての「好き」

「好きなこと」といっても、今回お話しているのは、「消費者としての好きなこと」ではありません。

例えば、ゲームやマンガ、あるいはTVなどの娯楽について、何時間でもプレイして(観て)いられるとしても、それは消費活動でしかないので、今回お話している「好き」とは違います。

また、娯楽以外の難しい本などであっても同様です。その行為が、単なるインプットでしかないなら、それは遊びとさして変わりがありません。

今回は、作り手(創り手)としての「好き」についてお話していますので、誤解なきようよろしくお願いします。

5:他者の意見

「本当に好きなこと」が見つけられなかったり、あるいは途中で挫折したような人ほど、「世の中そんなに甘くないよ」とか言いがちです。

他者の意見にまどわされて、人生を決めてしまうのは、あまり良い結果をうまないことが多いようです。

自分の人生は自分のものです。誰かが考えた人生を歩むために生きているわけではありません。意見は参考程度に聞きましょう。

6:リスク

「好き」スイッチが入っても、「自分にはどうせ無理だ、できっこない」などとやる前からあきらめたり、ウダウダと先延ばししてしまうこともあるのではないでしょうか。

しかし、「リスクを取らないことが、長期的にみると最大のリスクとなる」といわれています。今の時代なら尚更そうかもしれません。安全な道なんてあるでしょうか?

おそらくより安全なのは、「本当に好きなこと」をみつけて探究し、より「得意なこと」として高めていく道なのではないかしら。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』という本の中で、次のように書かれています。(P88)

失敗は、その人がスキルを広げる挑戦をした証。
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

失敗をおそれる必要はありません。失敗というのは、あきらめた時点で失敗と定まります。失敗しても次へ活かせば、それは「糧(かて)」です。

7:「好きなこと」が見つからなくても気にしない

しかし、必ずしも誰もが「本当に好きなこと」を探し当てなければいけないということでもありません。

残念な環境で育てばとくに、「好きなこと」が見つからないなんてことは往々にしてあります。「気づくのが遅かった!」なんてことも多いはずです。

「単なる得意なこと」だけでも充実した人生にしていくことはできます。どのように生きるかは、あなた次第です。


読んでおくと良いかもしれない記事


最後に

私みたいに歳がいってから「本当に自分の好きなこと」に気づくと、けっこう厳しいものがあります。

できるだけ、そんなつまらない思い、悔しい思いをしてほしくはありません。

あなたのスイッチが早めに入ること、そして充実した後悔のない人生がおくれることを祈っています。

前の記事へ
次の記事へ

次回予告

さて次回は、時間があればFC2関係のお話を書く予定でありんす。(予定を変更して、デスクトップ上のショートカットを整理する方法について書きました)


関連記事

スキルアップしたい人のための記事をご紹介します。

作成日:2010/11/21 更新日:2011/01/10

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

No title

kumaCrowさん、おはようございます~(^^♪

なかなか興味深いお話ですね。 残念ながら、私は得意も好きな事もはっきりつかめていません。だいたいがつけば、ありそうですが。
kumaCrowさんは、今好きな事が見つかったんですか?
好きな事を仕事にする必要はないので、これから何十年も楽しめますよ。
素敵な記事をありがとうございます。

意外と気づかないもの

おしゃれrinkoさん、おはようございます!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

意外と気づかないものですよね、好きなことって。(´Д`;)

気づいたときに「なぜ今まで気づかなかったんだろう」って、
そう思いました。不思議なものです。

得意なことも、意外と自分では気がつかないですよね。

とくに謙虚な人は「いや、いや、私なんて・・・」と、
思ってしまうから。


何十年も生きられるかは分かりませんが、
楽しんでいきたいと思います。ヾ(*´∀`*)ノ

こちらこそ、読んでいただきありがとうございます。

No title

好きなことは「いつの間にか、いつもやっていること」・・・今の私なら携帯で写真撮ることかしらん?学生の頃はマンガやイラストを描くことでした^^;w年とか環境によって変わっていくもの、でもあるのかもしれないですね~☆得意なことは見つけるのは難しそうです。自分で何が得意かと考えると思いつかない(T▽T)w人に褒められる何かがあったとしても、それは努力して作っているものならば「得意」とは言えないだろうし、自分が意図してやっていなくても何かが人より出来ていれば傍からは「得意」と映るかも?漫然と生きることだけに一生懸命にならざるを得ない大人の事情があっても、「好き」「得意」と言った自分のプラスの部分を見つけられるとしたら、生きていく何かになりますよね☆それが見つかった時から人の評価がどうあれ、人生は変わるのかも知れません。
面白いお話ですー♪

初耳

隣のオバちゃん(ありんこ)さん、こんちあ!( ・∀・)ノぐもに
コメントありがとうございます。

ほほー初耳。マンガやイラストがうまいのね、きっと。
それは、ぜひ拝見したいですなぁ。ヾ(*´∀`*)ノわーい


私の言語感覚上での「好き」と「得意」なんですが、

「本当に好きなこと」は、オンリーワンを目指すもので、
「単なる得意なこと」は、ナンバーワンを目指すものかも。

ただ、だからと言って対立するわけではなく、

やはり「好き」を発端にして「得意」もからみあうような、
そんなバランスの良い状態になるといいのかなーと思っています。


そして、おっしゃる通り、
大人になるほどいろいろな事情がからんでくるので、

できれば、早いうちに目的・目標が定まる方がいいですよね。

また、たしかに、大人になってからでも、
自分のプラスの部分を自覚できるというのはいいことかも。

相対的に優れているかどうか、ではなく、
自分の中での絶対的な「何か」が浮き彫りになることは、

それは喜ばしいことだわ。(´▽`)♪

好きップしてます

>「本当に好きなこと」であれば、例えば「まだやるべき時期ではない」というような言い訳が口から出ることはありません。

この言葉でドキッとしました(^_^;)

いつもいつも自分の中で言い訳をして、自己を正当化している私は、本当は好きなことなんて何にも無いのかもしれませんね…。

好きなことを見つけるのって、数を打たなければ見つかりにくいとも思いますが、人それぞれでしょうか。

自分のためになると思ってすることは、長続きしないですが、人のためになると思ってすることは、長続きするし、結果も出ている気がします。

自分で決められない人は、大好きな人や尊敬する人に決めてもらうというのも、一つの手かもしれないですね(苦笑)

私ももう一度「好きなこと」って何だろう?と自問自答を繰り返してみたいと思います(^^ゞ

好きなスイッチ

fuminchuさん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぶに
コメントありがとうございます。

【1】好きなこと
> 本当は好きなことなんて何にも無いのかもしれませんね…。
>
そんなことはないと思いますけどねぇ。(´Д`;)

歳とともにスキルが増えて、得意なことがたくさんあるから、
より気づき難い状態にあるのではないかしら。

器用な人、マルチにいろいろできてしまう人というのは、
逆に自分では分かり難いのかも。


【2】数打ち
> 好きなことを見つけるのって、
> 数を打たなければ見つかりにくいとも思いますが、
> 人それぞれでしょうか。
>
そう思います。
数を打ってみないと、分からないですよね。

また、どのような環境かでも違うのかもしれません。

良いメンターに出会えれば、
数を打たなくても小さい頃にすぐ気づいたりします。


【3】人のため
> 自分のためになると思ってすることは、長続きしないですが、
> 人のためになると思ってすることは、長続きするし、
> 結果も出ている気がします。
>
より福祉的な資質が高いということではないかしら。
そういう傾向があることも、ヒントなのかも。


【4】一つの手
> 自分で決められない人は、
> 大好きな人や尊敬する人に決めてもらうというのも、
> 一つの手かもしれないですね(苦笑)
>
意見を聞いてみるというのは大事ですよね。
自分では気づかない資質を指摘してくれるかもしれませんもの。

No title

はじめまして。ハジキマメと申します。
Inkscapeの使い方を調べていてこちらに訪ね当たりました。

もしかして過去の記事にコメントすることは反則…ではないにしてもマナー違反になるのかしら?と思いつつ、今の自分の迷いや状況にぴったりの内容だったのとたまたま今日の占いとも重なるところがあり何かの縁かもという気がしました。

本当にむずかしいです、好きなことと得意なこと。どっちもまだ見つかってないかな。
ずっと探してて、でもいつかたどり着けると信じて今に至ります。幼い頃は何も考えずのほほんと毎日を過ごしてそれなりに幸せでした。いつから「好きなことは」なんて意識するようになったのかなあ。今は大人になったから「食べていくこと」も込みで考えがちで余計ややこしい部分があるように思います。

昔もう少し勇気を持って自分から逃げずに自分を見つめる作業をしていたら今は違っていたのでしょうか…。
なんて今さら考えても仕方ないことですね。(^^)

こちらの記事のおかげで、2つのうちどちらにするか今日明日中にも決めないといけなくて悩んでた答えがも少し気楽に出せそうです。ありがとうございます。いい時にめぐり合えました( ´艸`)
長々と失礼いたしました。

ご縁

ハジキマメさん、こんばんは!( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます。

見つかるまでは難しいですよねー、本当に。
不思議となかなか気づかなかったりいたします。

いろいろなことが渦巻きますものね、
現実的に食べていかなければいけないわけだし。

ハジキマメさんにとってより良い選択ができ、
素敵な人生となることを心よりお祈り申し上げます。ヾ(*´∀`*)ノ


コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/687-727df5b8
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて