ブログでの引用のお作法と使い方

ブログが作りたい!FC2ブログの作り方 > ブログでの引用のお作法と使い方

ブログでの引用のお作法と使い方

ブログでの引用の作法と使い方

すてきな文章は、正しい作法でご紹介しましょう!

自分のブログ(記事)にて、他のブログや書籍などで書かれている文章を使いたいこともあるのではないでしょうか?

例えば、次のような場合です。

  • 他の人が書いた文章に対して、自分なりの意見を述べたい場合。
  • お偉い先生の文章を使って、文書により説得力をもたせたい場合。
  • すてきな文章を「みんなにも読んでほしい!」というような場合。

このような場合は、「引用(いんよう)」というお作法にのっとった書き方が必要になります。

今回は、そのお作法と、FC2ブログでの引用の書き方(使い方)について勉強していきます。


「引用」とは?

1:「引用」とは?

「引用」というのは、自分以外の人が書いた文章を、自分の文書内で使わせいただくことを言います。

引用は、いちいち、先方(引用元)に許可を得る必要がないので、とても簡便です。

「引用」とは?

しかし、他人(ひと)さまの書いた文章ですから、自分の好き勝手にどのような形で利用しても良いということではありません。

例えば、もし仮にあなたの書いた文章を、他人が勝手に利用し、莫大なお金を儲(もう)けたらどう思うでしょうか?

きっと、不愉快に感じるはずです。そして、あなたが不愉快に感じることは、他の人たちも同じように感じるものです。

「引用」には、そのようなトラブルが起こらないためにも、一定の制約があります。ルールを守って、お互いの利益になるような使い方をしていきたいものですね。

創作物(ここでは文章のこと)には、著作権というものが発生し、著作権法によって守られています。

2:著作権法での「引用」について

それでは、少し著作権法について勉強してみましょう。「引用」については、著作権法の第32条に明記されています。

以下、文化庁の「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」のページに、原文よりも分かりやすい形で書かれているのでご紹介します。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

以下は、「(注5)引用における注意事項」です。

他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

  • 他人の著作物を引用する必然性があること。
  • かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
  • 自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
  • 出所の明示がなされていること。(第48条)
    (参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

著作権法の原文が見たい場合は、電子政府の総合窓口 e-Govの「著作権法(32条)」をご覧いただくと良いかもしれません。

引用は、とにかく先方(引用元)さんの不利益にならないことが、何よりも重要です。


ブログでの「引用」のサンプル

ネット(ブログなど)における「引用」のサンプルを、ご紹介します。

必ずしも、絶対的な書き方というものが決まってはいないようなので、著作権法に反しない形を模索する必要がありそうです。(参考程度にどうぞ)

1:長文の引用(オーソドックスなスタイル)

よくネット上で昔から使われてきた書き方は、次のような形です。

  • 引用する文章を罫線(枠線)で囲む。右と下の罫線を少し太くする。
  • 自分の文章の横幅よりも、引用の文章の横幅を短くする。
  • 罫線内に、引用元を明記する。リンクをはる。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

引用元:文化庁「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」

「出所の明示」は、「慣行」に習うなら、次のような書き方でも問題ないはずです。十分、引用であることは分かります。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

文化庁「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」より

また、リンクについては、法的に明記されているわけでもないので、どちらとも言えないとも思いますが、慣行としては、付けられるのであれば付けるのが一般的ではあります。

2:長文の引用(さらに装飾したスタイル)

「引用」の枠内を、周りの背景色と別の色を指定して書くのも分かり良くていいかもしれません。明確に「区別」できます。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

文化庁「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」より

また、次のように、罫線を、破線にする人などもいらっしゃいます。(少しやわらかい印象になります)

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

文化庁「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」より

ただ、全体のデザインとの兼ね合いによっては、引用であることが分かり難くなるかもしれません。

例えば、サイドメニューの枠(罫線)も、破線にしているような場合は、混乱が生じます。そのような場合は、再検討する必要があるかもしれません。

3:長文の引用(「出所の明示」を枠外で書くスタイル)

文章の流れ上、罫線の外で引用であることを示す場合もあります。(一番外の罫線は、ここでの説明のためのものです)

以下、文化庁さんのホームページ「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」からの引用です。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

4:長文の引用(昔ちょっと流行ったスタイル)

すでに廃れてしまった感がありますけれども、次のような書き方が流行ったこともあります。(一番外の罫線は、ここでの説明のためのものです)

引用部分を罫線で囲まずに、ダブルクオーテーションで囲む方法です。

以下、文化庁さんのホームページ「著作権制度の概要(著作物が自由に使える場合)」からの引用です。

公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)

ただ、全体的なデザインと会わせにくかったり、そもそも「引用」であることが分かりにくいためか、あまり広まりませんでしたね。

5:短文の引用

引用する文章が、短文である場合は、かぎかっこ(「」)などを使って、引用であることを示します。(一番外の罫線は、ここでの説明のためのものです)

デール・カーネギーさんは、その著書の中で「批判によって人間の能力はしぼみ、励ましによって花開く。(『人を動かす(P301)』)」と書いています。

分かり難いでしょうから、以下、画像に補足を入れてみました。次のような形です。

短文の引用:補足

本(書籍)から引用するような場合は、引用したページ番号も書いたほうが好ましいようです。


FC2ブログで引用を使う方法

FC2ブログで「引用」を使う方法をご紹介します。

1:「高機能テキストエディタ」モード

(01)

「高機能テキストエディタ」モードに、切り替えます。

「高機能テキストエディタ」モードに切り替える

※:「高機能テキストエディタ」モードにしなくても「引用」はできるので、それぞれお好きな方法でかまいませんが、以降の説明は、「高機能テキストエディタ」モードにて行っています。

2:文章を書く

(02)

文章を書いて、[Enter]キーを打鍵しましょう。(文章と引用の間の余白になります)

文章を書いて、Enterキーを打鍵

3:引用文を挿入する

(03)

[Q]ボタンを、クリックしましょう。

[Q]ボタンをクリック

(04)

「引用」という文字列が、表示されるはずです。

「引用」という文字列が表示される

(05)

この「引用」という文字列を、[delete]キーなどを使って削除しましょう。

[delete]キーで削除

(06)

引用元から引用文をコピーしてきて、貼り付けましょう。(書籍などから引用する場合は、文章を書き写しましょう)

引用文を貼り付ける(または書き写す)

(07)

引用文の文末で、[Enter]キーを打鍵しましょう。

文末で、[Enter]キーを打鍵

4:引用元を明記する(出所の明示)

(08)

引用元を明記しましょう。

引用元を明記

(09)

次に、さらに引用元の所在を分かりやすくするために、引用元へのリンクを入れます。

次のように、リンクを付けたい文字列を、範囲選択しましょう。

リンクを付ける文字列を、範囲選択

引用元が書籍などの場合は、Amazonアソシエイトなどに登録し、Amazonさんへリンクをはってみたら良いと思います。

(10)

[リンク挿入/編集]ボタンをクリックし、引用元へのリンクを設定してください。

[リンク挿入/編集]ボタンをクリックし、引用元へのリンクを設定

リンクの設定をご存知でない場合は、記事『高機能テキストエディタで文章にリンクをつける方法』をご覧ください。

5:「引用元」を右揃えにする

(11)

「引用元」を右揃えにしたい場合は、「引用元」の文字列を範囲選択しましょう。

「引用元」の文字列を範囲選択

(12)

そして、[右揃え]ボタンをクリックしてください。

[右揃え]ボタンをクリック

6:ブログで表示を確認する

(13)

[プレビュー]ボタン(もしくは[記事を保存]ボタン)をクリックして、実際にブログで表示状態を確認してみましょう。

FC2ブログで表示を確認

いかがでしょう?うまいこと「引用」部分が表示できたでしょうか?

残念ながら、お使いになっているテンプレートによっては、次のように罫線(枠線)などがなく、引用部分が分かりやすく表示されない可能性もあります。

罫線(枠線)などが表示されないテンプレートもあります

罫線や色などを付けたい場合は、CSSにて「blockquote」タグへの指定を追加してあげる必要があります。

そのCSSの指定方法については、次回お話させていただく予定です。


おまけ

前述の作業手順の中でご紹介しているサイトが気になって、夜も眠れなくなりそうな人もいらっしゃるかもしれないのでご紹介しておきます。

ご紹介しているサイトは「SEOもっと!」さんの記事『SEOと発リンクと隣人への愛』です。

なかなかSEOの成果が出ずに悩んで、そうして難しいことを考えながらサイトの中身をいじり倒している時間があるのであれば、テーマが近 いサイトや、ブログの記事を積極的に紹介するということを検討してみてください。

SEOもっと!「SEOと発リンクと隣人への愛」より

この記事以外にも、すばらしい記事が盛りだくさんですので、SEOに興味のある人は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

前の記事へ
次の記事へ

次回予告

次回は、blockquoteタグ(引用)のCSSの指定方法などについて書く予定です。


関連記事

FC2ブログの作り方をご紹介している記事です。

作成日:2010/02/13 更新日:2010/02/13

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

不愉快なコメントで、すみませんでした。

No title

fc2のサイトが英語なんですが
 日本語に出来ませんか?

???

いちごさん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぶに
コメントありがとうございます。

しかし、おっしゃっている意味がまったく分かりません。

意味の分からないコメントについては、
削除させていただくことがあります。

ご了承くださいませ。(´・(ェ)・`)

また、お題を入力しない場合は、
「No title」を削除しないでください。

よろしくお願いいたします。

英語???

このいこさん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぶに
コメントありがとうございます。

FC2(http://fc2.com/)ですかね?
FC2ブログ(http://blog.fc2.com/)かしら?

どちらかであれば、
右上の方に「Language」という箇所があります。

「Language」の右横にあるプルダウンをクリックし、
メニューの中から日本語を選べば、日本語になるはずです。


あるいは、このいこさんが作成している
FC2のサイトのことでしょうか?

昨日も同じようなことをおっしゃっていた人がいるのだけれど、
もう少し詳しく、どこが英語だから困っているのか、

改めてコメントしてください。
よろしくお願いいたします。

いんよう

引用ってあまり意識していないですけども、
ついつい囲ってリンク貼って終わりみたいにして
しまいがちですよね~
出自は必須としても、先方の了解を得て云々・・・とかまで
いくと、すごく面倒に感じてしまいます(^_^;)
でもこういうのは大事なので、お互い気をつけていきたい
ものですね・・・

飲尿で引用

fuminchuさん、こんにちは!( ・∀・)ノぐもにさんで
コメントありがとうございます。

あまりにも厳密にこだわってしまうと、
文章が読みにくくなることもあるので、難しいですよね。

ついつい、このくらいでいっかって感じで、
すましてしまいがちです。

できるだけ、気をつけていきたいと思います。(*´▽`)

引用という範疇を越えてしまうと、
先方の許可が必要になるわけですが、

その境の判断は難しそうです。

著作権は、現状においては親告罪なので、
よほど目に余る不利益を相手にぶちかまさないかぎり、

訴訟などになることはなさそうですが・・・。
やはり、気をつけたいところです。(´Д`;)

にゃるほどー

引用・・・っていうか、リンクはよく使いますよね
「そのまんま 使わせていただく場合」
が引用、と思えばよいのでしょうか?
ご紹介させていただく場合、まるきり自分の文章にしてしまうか
先方様のまんま使わせていただくものかと思ってました^^;

引用ボタン?があるんですねー!知らなかったー!!@@;
ひとつ お勉強になりました^m^

そのまんま

ありんこさん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぶに
コメントありがとうございます。

基本的にはそうです。

「そのまんまで、使わせていただく場合」と覚えていただく方が、
余計な問題が起こらなくて良いはずです。

ありがとうございました。

早速、図を入れてみました。
的確なアドバイスでありがたいです。
少しずつ作り方がわかってきました。
これからもkumacrowさんのブログを見習いながら
みなさんに読んでもらえるよなブログに育てていきたい
と思っています。

あと、フリーエリアにバナー画像を貼らせていただきました。

グラフ

りふれっ子さん、こんばんは!( ・∀・)ノぐいぶに
コメントありがとうございます。

あ、いいですね。
やはりグラフが入ると、ひと目でよく分かります。

しかし、加齢とともに、こんなに下がるんですね。
びっくり。(´Д`;)あいーん

やはり、身体をうごかさないといけませんねー、これは。


画像リンクありがとうございます!
でも、どちらかで十分でござるよ。(;´Д`)


さらに良いブログになっていくことを楽しみにしています。(´▽`)♪
分からないことがあれば、お気軽にコメントしてください。

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/628-6dc97652
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて