子供を成功に導くための方法

ブログが作りたい!書評 > 子供を成功に導くための方法

子供を成功に導くための方法

天才!成功する人々の法則

天才!成功する人々の法則

子育ては、とても難しく、とても大変なものです。

何しろ子供は、大人の言うことなんか聞きやしません。ほんと、怪獣みたいやからね。(でも、そんな怪獣のような子供でも、かわいい我が子です)

親からしてみれば、スクスクと育って、健康でいてくれたら、それだけで満足という感じもしますが、できれば幸せになってほしいし、あわよくば成功してほしいと心から思います。

そこで今回は、「子供を成功に導くために役立つ本」をご紹介させていただこうと思います。あなたが大切に思っている子供のために、知っておいてあげてください。


天才!成功する人々の法則

1:「これから子供を育てる人」に読んで欲しい本

今回ご紹介する本は、マルコム・グラッドウェルさんが書いた『天才!成功する人々の法則』という本です。

天才!  成功する人々の法則

おそらく本屋さんに陳列される場合は、「ビジネス」や「自己啓発」などの棚に並べられてしまうと思うので、ちょっともったいない感じがします。

なぜなら、読んでみると「これから子供を育てる人」に、ぜひ読んで欲しい内容となっているからです。

この本は、「自分の成長に役立つ本」というよりは、「他者(子供など)を育てるときに役立つ本」だと思います。

本屋さんは、分かりやすいポップ付きで「子育て」のコーナーにも並べておく方がと良いと思います。

2:「生まれもった才能」なんて幻想です

「これから子供を育てる人」の中に、次のような考えをもっている人はいらっしゃるでしょうか?

社会的に成功する人は、もともと生まれもった才能があるから成功したのだ!

たしかに旧来の考え方であれば、「生まれもった才能」をもった天才的な人だけが、少し「頑張る(訓練する)」ことで、大きな成功を得られると考えれられてきました。

しかし、ごめんなさいね。それは残念ながら間違っています!それはもう、古くさいカビの生えた考え方といっていいでしょう。

「生まれもった才能」

なぜなら、統計データをとって調べてみたら、それがただの幻想でしかないことが分かったのです。

「生まれもった才能」よりも、よほど「育った環境(育て方、時代背景、文化など)」の方が重要とのことです。

勘違いしていただきたくないのですが、育った環境といっても、親がお金持ちであればよいということではありませんよ。それは親の成功であって、必ずしもその子どもに受け継がれるとはかぎりません。

「育った環境(育て方、時代背景、文化など)」

「生まれもった才能」と思われていたものは、実は「育った環境」によって育(はぐく)まれたものだったのかもしれません。

3:本の構成

天才!成功する人々の法則』の目次は、以下ようです。

  • プロローグ ロゼトの謎
  • 第1章 マタイ効果
  • 第2章 一万時間の法則
  • 第3章 天才の問題点 その1
  • 第4章 天才の問題点 その2
  • 第5章 ジョー・フロムの三つの教訓
  • 第6章 ケンタッキー州ハーラン
  • 第7章 航空機事故の”民族的法則”
  • 第8章 「水田」と「数学テスト」の関係
  • 第9章 マリータの取引
  • エピローグ ジャマイカの物語
  • 解説 勝間和代
  • 注解

ほぼエピソード(物語)が並び語られている形式で書かれているので、とても読みやすい本です。

さて、これだけでは何ともイメージし難いと思うので、少しだけ本の内容をご紹介したいと思います。興味のある方は、引き続きご覧ください。


誕生月によって、人生が変わる

1:マタイ効果とは?

誕生月によって、子どもが成功する確率はずいぶん違うそうです。

日本の小学校の入学時期は、一般的に4月の上旬と決まっています。しかしこれは、3月生まれの人は、すごく不利です。

3月生まれの人と4月生まれの人とでは、約1年間の成長の差がすでに存在します。その最初の差が、のちのちまで大きく影響してしまうのです。

社会学者のロバート・マートンさんは、そのような状況を、「マタイ効果」と名付けたそうです。(以下、第1章から引用)

最初の成長の差がアドバンテージとしてはたらき、優位性をもたせるため、一度勝ってしまうと、後々も勝ち続けてしまうこと。

例えば、「4月生まれの子」が徒競走で最初に勝つと、「この子は足が速いね!すごい子供なのかも!?」などと周りの大人が勘違いして、褒めるわけです。(しかし、実際は誕生月による成長の差です)

「3月生まれの子」と「4月生まれの子」

そして、褒められると嬉しいものだから、「4月生まれの子」はさらに頑張ります。あるいは、大人が優遇して特別な訓練を与える場合もあります。

しかし、他の子たちは、負けてしまったので、誰にも褒められません。ゆえにモチベーションもあがりません。

これによって、その後もまた「4月生まれの子」は、大きな差をつけて勝つわけです。ゆえに、周りの大人は「この子は天才だ!」などと、さらに勘違いします。

こうやって、最初に誕生月の差によって勝ってしまえば、優遇され、機会を得ることが何度も繰り返され、延々と勝ち続けるわけです。

もちろん、「3月生まれの子」が勝って、「4月生まれの子」が負ける場合もありますが、これは統計上どちらにより偏りがあるのか?どちらの可能性が高いのか?というお話です。

ちなみに、なぜ「マタイ効果」と名づけたかと言うと、マタイ福音書の次の文章によります。(以下、『マタイ福音書25・29』より引用)

誰でも、持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまで取り上げられる

2:女子アナウンサーの誕生月

さて、それでは本当にマタイ効果なるものが存在するのか、試しに誕生月で調べてみることにします。

例えば、「女子アナ(女性アナウンサー)」の職業に就いている人をピックアップしてみたら、どういう結果になるでしょうか。

それでは、次のグラフをご覧ください。データ件数が少ないので、一概には言えないかもしれませんが、マタイ効果の傾向が表れている結果になりました。

有名な女子アナの誕生月:円グラフ

最も多かったのが、9月で、6月、4月と続きます。

小学校の入学時期(4月)を基準にして、半年ずつのグループに分けると、その差は歴然です。4~9月に生まれた人は71%、10~3月に生まれた人は29%です。

やはり、温かい温暖な季節(4~9月)に生まれる方が有利なのですね。教育制度が変わらないかぎりは、計画的に出産する方が子供のためといえるかもしれません。

以下、今回データとして使用させていただいた、女子アナの皆さん(41名)です。(敬称略)

テレビ局

お名前(誕生月)

日本テレビ
(NTV)

鈴江奈々(7)、夏目三久(8)、西尾由佳理(7)、馬場典子(4)、宮崎宣子(9)、森富美(11)

TBS

青木裕子(1)、岡村仁美(8)、小倉弘子(9)、竹内香苗(9)、長峰由紀(6)、山内あゆ(4)

フジテレビ
(CX)

加藤綾子(4)、佐々木恭子(12)、高島彩(2)、中野美奈子(12)、中村仁美(6)、平井理央(11)

テレビ朝日
(EX)

大木優紀(12)、大下容子(5)、下平さやか(2)、武内絵美(11)、松尾由美子(8)、矢島悠子(7)

テレビ東京
(TX)

大橋未歩(8)、佐々木明子(10)

フリー

大神いずみ(6)、大島さと子(9)、草野満代(2)、小林麻耶(7)、小宮悦子(4)、進藤晶子(9)、関谷亜矢子(5)、膳場貴子(2)、永井美奈子(6)、中田有紀(5)、橋本志穂(9)、三雲孝江(4)、八木亜希子(6)、八塩圭子(9)、渡辺真理(6)

※:どちらかというと、わざと人間力の高い(有名で存在感のある)人を選んでいます。(調査日:2009/07/25)

3:寒い季節に生まれた人は、個性的な人が多い?

ただ、今回ピックアップした女子アナの皆さんを、ひとりひとり確認してみると、寒い季節(10~3月)に生まれた人は、ことさら個性的な人が多いような気がします。(個人的な印象です)

例えば、TBSの青木裕子さん(1月)、フジテレビの高島彩さん(2月)、それからテレビ朝日の大木優紀さん(12月)もかなり変わった個性の持ち主です。

たとえ不利な季節に生まれたとしても、それを打ち砕くような他の要素をもっていれば、結果を出せる場合もあるのだと思います。

日本では温暖な季節に生まれれば、有利ではあるけれど、誕生月だけで決まるというわけでもありません。他にも多くの要素が関係すると言えそうです。

必ずしも、寒い季節に生まれたからといって、残念がる必要はありません。ただ、成功のための工夫は必要です。


魔法の数字、一万時間の法則

1:天才たちの訓練期間

その「他の要素」のひとつとして挙げられるのが、『天才!成功する人々の法則』の第2章で紹介されている魔法の数字「一万時間の法則」です。

記事『「自分探しの旅」で迷子になったら・・・。』でも少し書きましたが、成功者と言われている人たちには、共通して一万時間以上の訓練期間があるのだそうです。

本の中では、主に次の人たちが紹介されています。一万時間をはるかに越える時間を、軽々とこなしていたようです。

お名前

訓練時期

ビル・ジョイ

ミシガン大学、カリフォルニア大学バークレー校在籍時、UNIXの改良に貢献。1971~76年頃。

モーツァルト

6歳から作曲をしているが、評価される作品を作り始めたのは21歳頃。1762~77年頃。

ビートルズ

ドイツのハンブルクのクラブでの演奏。1960~64年頃。

ビル・ゲイツ

レイクサイド中高時代、ハーバード大学を2年で中退。1968~75年頃

2:天才と呼ばれる人たちも泥臭く頑張っていたのです!

漠然と「ものすごく頑張らなければいけない」というよりは、目安として「とりあえず一万時間を頑張る」と考えられれば、精神的に楽かもしれません。

また、「天才」として遠くに感じていた存在が、かなり身近な存在になったようにも思います。

子供にも話しやすいですよね。変に萎縮させることもないし、とりあえずのゴールも明確になります。

  • 「天才と呼ばれる人も、ちゃんと訓練を重ねることで成功したんだよ」
  • 「一万時間を目標に頑張ってみたらどうだろうか」

たとえ、不利な季節に生まれたとしても、訓練を重ねれば、取り返すことは可能なのです。


あとがき

1:続きが気になる人は・・・

「マタイ効果」、「一万時間の法則」はいかがでしたでしょうか?

さらに、『天才!成功する人々の法則』は、おもしろい話が続きます。続きをご覧になりたい場合は、本屋さんへ行って、手にとってご覧になってみてください。

育てる環境の重要性、そして、子供のために何をしてあげられるかが、さらにご理解いただけるものと思います。

社会的成功は、偶然で得られるものではありません。「成功は必然によって得られる」と考えられるようになったときに、はじめてスタートラインに立つことができます。

2:女子アナは9月生まれが多い?

調べてみたらなぜか、女子アナの方々は、9月生まれが多いようです。不思議ですね。

これは推測ですが、「NHK全国高校放送コンテスト」は、7月下旬に行われます。大会が終わって、主力が入れ替わる時期(3年生が引退)なども関係しているのかもしれません。

また、プロ野球選手も調べてみたんですが、プロ野球の場合は、10月生まれの人が多いんですよね。甲子園は8月頃ですから、同じような状況と言えます。

この辺の話も、本の中に書いてありました。(アイスホッケーや、サッカーチームに関した内容になっています)

3:誤解のないように

誤解のないように書いておきます。勝間(和代)さんが、翻訳していますが、この本は通例の「勝間本」と言われるものではありません。

一般的に勝間さんの本は、スキルアップやセルフプロデュースのために役立つ本が多いですけれど、これはマルコム・グラッドウェルさんの本です。

すぐに仕事に役立つとか、おそらくそういうことは起こりません。教養を高めるための読み物です。

通例の「勝間本」を期待して買ってはいけません。


参考になる記事

【2011/04/05】:WIRED VISION
成功の理由は、才能より「意志力」:研究結果
前の記事へ
次の記事へ

次回予告

次回こそは、FC2ブログに関する記事になると思います。・・・の予定でしたが、次回は「褒める技術」について書こうと思います。


関連記事

作成日:2009/07/25 更新日:2011/04/06

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

No title

『天才!成功する人々の法則』まだ読んでいないのですが、実は
本屋で30分くらい立ち読みしています(^^;)
1万時間理論はなるほどですが、マタイ効果については、たしかに
統計上ではそういう傾向があるんだ、としか思えませんでした…
立ち読みレベルなのでなんとも言えませんけども…
でもいずれ購入して読もうと考えています!
子育ての参考にしたいですね

マタイ効果

fuminchuさん、こんにちは!(・∀・)/へろー
いつもコメントありがとうございます。

そうですよね。

昔のように、家庭の状況がひと通りではないので、
とくに現代においては、単純にマタイ効果があてはまるのかも、
難しい感じがします。(´Д`;)

ただ、偏りは見られるんですよね。

しかし、マタイ効果を理由に計画出産するのも、
ちょっと、複雑なこころ持ちがいたしますから、

教育制度が柔軟に、子供たちに平等になるよう、
改善されていくと良いなーと思います。


この手の本にしては、値段も高いし、
買うほどでは・・・ごにょごにょ。

図書館でリクエストしておくと良いかも~。(ФωФ)にゃー

No title

kumaCrowさん、こんにちは。

ブログに関係ない記事も載せられてるのですね。

kumaCrowさんは、パソコンだけじゃなくて子育てにもお詳しい!
きっと立派なお子さんが育つでしょう(^^)

未熟でござる

rinkoさん、こんにちは!(・∀・)/Hello
いつもコメントありがとうございます。

はい、そうなのです。

少しニーズもあるようなので、

最近ちょっとブログとは直接関係のない記事も、
書くことにしました。

読んでくれる人が、少しでも、ココロ持ちが楽になったり、
何かのきっかけになればと思って書いています。(*'‐'*)


いえいえ、とんでもございません。
パソコンも子育ても詳しくないです。(´・(ェ)・`)

詳しくないので、勉強しています。

勉強していることを、問いかける形で、
ブログにアップしています。

子供だけでなく、誰であれ、何であれ、
気持ちを伝えるのは、難しいものですね。

どうしても、押し付けがましくなりがちです。
あいかわらず、未熟でござる。

日々、精進でござる。


それでは、また~。(*´∀`)人(´∀`*)

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/561-20f5ae81
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて