トラックバックとは?

ブログが作りたい!IT用語集 > トラックバックとは?

トラックバックとは?

トラックバックとは?

用語「トラックバック」

トラックバックは、ご存知かしら?

トラックバックには、いろいろとローカルなルールがあります。できるだけ、相手を不快にさせないトラックバックをしたいですよね。

今回は、ちょっと不明瞭な部分が多いトラックバックにまつわることを書いてみました。


トラックバックとは?

トラックバック(TrackBack)は、相手のブログから、被リンクを手軽に得られるありがたいシステムです。

自分から相手へリンクするのが「リンク」。相手からなので「被リンク」です。バックリンクとも呼ばれます


トラックバック図解

それでは、分かり良いように図で説明します。

1:自分も何か言いたいって思った。

例えば、ブログを書いているAさんと、Bさんがいるとします。

自分も何か言いたいって思った

1:

Aさんは、「愛って大切だなぁ」と考えて、ブログに『愛が大切なの』という記事を書きました。

2:

Bさんは、Aさんのブログの記事(『愛が大切なの』)を読みました。

3:

Bさんは、何かを感じたようです。(例:「素晴らしい」「ボクならこう思うな」「すかしてらぁ」など)

2:トラックバックをうった。

トラックバックをうった

4:

Bさんは、Aさんの記事『愛が大切なの』を読んで感じたことを、自分のブログで書くことにしました。

でも、Aさんにも書いたことを読んで欲しいと思ったBさんは、Aさんの記事のトラックバックURLを設定して投稿することにしました。

5:

BさんのBlogサーバは、記事にトラックバックURLが設定されていたので、AさんのBlogサーバに、トラックバックPINGを飛ばしました。

3:リンクが張られた。

リンクが張られた

6:

トラックバックPINGを受け取ったBlogサーバは、AさんのブログからBさんのブログへリンクを張りました。

7:

トラックバックに気付いたAさんや、日頃Aさんのブログを見ている人たちは、Bさんのブログを見に行くことにしました。

めでたし、めでたし。


トラックバックのメリット

トラックバックを送る主(おも)なメリットは、次の3つです。

  • 相手に記事を書いた旨を、簡便に伝えることができる。
  • 相手先の閲覧者を誘導する入り口になる。
  • 被リンクによるSEOの効果がある。

トラックバックは、どうしてもトラックバックをうつ方ばかりが得をする状態になりがちです。


トラックバックの問題点

1:トラックバックの自分勝手さ

例えば、ブログを現実のお店に置き換えて考えてみましょう。

Aさんのお店で、リンゴを仕入れて売ってみたら、なかなか評判が良かった。

そこへ、Cさんがやってきて、Aさんのお店に勝手に穴を開けて、Cさんのお店に通路を作り、「こちらの店でも、リンゴを扱っています」という看板を貼り付けて帰っていきました。

トラックバックは自分勝手なものだよ

これが、トラックバックという行為です。たとえ、Cさんのお店においしいリンゴが置いてあったとしても、あまりにも無作法じゃないかしら。

ブログではなく現実として考えたら、ちょっと恐すぎて、警察に相談します。

さらに、Cさんの店に、リンゴを置いていなかったら、どうでしょうか?そして、「リンゴはないけど、ポロリはあるよ」という看板を貼り付けて帰っていきました。

トラックバックスパム

このような、まったく内容が関係しない記事から記事へトラックバックをうつことを、トラックバックスパムと呼びます。

そして、ポロリにつられて見に行ってしまった人は、ひどい目にあうわけです。

ポロリが無いのは当然のことで、パソコンにウィルス感染させるポロリや、詐欺まがいのポロリなど、とにかく変なサイトへのリンクは、クリックしないことが大切です。

トラックバックは、簡単に被リンクが得られるので便利ですが、身勝手なものにもなりうるのです。

2:言及リンク

それでは、失礼のないようにトラックバックするためには、どうすれば良いのでしょうか?

一般的に、「言及(げんきゅう)リンク」することが、マナーと言われています。

言及リンクというのは、相手の記事の内容に言及し、リンクを張っておくことです。

言及リンク

Bさんの店に来るお客さんへ、Aさんのお店を紹介し、Aさんのお店にも流れていくようにしておけば、良いわけです。

もちろん、言及リンクしなくても、トラックバックはうてますが、削除される可能性が高くなります。

また、被リンクの重要性を知っている人に対して、言及リンクしないでトラックバックをうつと、人格を疑われることにもなりかねません。相手へのリンクは、最低限のマナーといえます。

3:ゆるい人たち

あまり言及リンクにこだわらない、ゆるい人たちもいらっしゃいます。

「うちが置いているのは、ミカンだけれど、同じフルーツなんだからいいじゃないか!」とか。

「記事なんか読んじゃあいないけれど、関係ありそうだから、とりあえずトラックバックうっとけ!」みたいな?みたいな感じ?みたいな。

トラックバックスパムとまでは言えないような、グレーな状態です。

世の中には、いろいろな考え方の人がいるので、否定するつもりはありませんが、相手の考えを尊重することを忘れずにいて欲しいと思います。

相手によっては、削除の手間が増えることもお忘れなく。


FC2ブログで、トラックバックをうつ方法

1:相手の記事へ行く

(01)

相手の記事を読み進めていくと、たいていコメントの下に「トラックバック」と題して、トラックバックURLが記載されているはずです。

このトラックバックURLをコピーしておきます。

トラックバックURLをコピー

例えば、この記事であれば、次のように記載されています。

2:トラックバックのセット

(02)

「新しく記事を書く」にて、「トラックバック」という項目に、前述(01)でコピーしたトラックバックURLを貼り付けます。

トラックバックURLを貼り付け

3:記事を書く(言及リンク付)

(03)

記事を書くときは、ちゃんと言及して、相手へのリンクを張ります。

記事で言及してリンク

例えば、この記事であれば、次のように書きます。褒めちぎっておけば、削除される可能性も減ります。

4:トラックバックされた

(04)

成功すると、相手のブログのトラックバックの桁が1つ増えます。

トラックバックがカウントされる

(05)

さらに相手のブログのトラックバックURLの下に、記事の内容が省略されて少しだけ記載されます。

トラックバックURLの下に記事の内容が少しだけ記載される

トラックバックがエラーになる理由

トラックバックがエラーになってしまい、特にエラーメッセージも出ないため、原因が分からないことは、しばしばあります。

どうやら、次のようなことが理由で、エラーになっているようです。

  • 相手のブログの環境設定で、ブロックされている。(IPアドレス、キーワード、言及リンク、英数字の割合などによるフィルタ)
  • あなたが利用しているブログサービスからのトラックバックスパムが多いため、相手のブログサーバで、ドメインごとブロックされている。
  • あなたのブログがプライベートモードになっている。
  • システム的な不具合。

などなど。

あなたが、もし恥ずべきところのない記事を書いて、トラックバックをしようとしてエラーになったのだとしたら、上述のことを調べてみてください。

それでも、不明な場合は、相手に確認してみれば良いと思います。

また、はじめてトラックバックするのであれば、日頃から仲良くさせてもらっている人にお願いしてみると良いでしょう。


トラックバックセンター

1:トラックバックセンターとは?

トラックバックを受け付けることを主目的とした、Webサイトのことです。

ジャンルでカテゴリ分けされているので、あなたが書いた記事のジャンルへトラックバックをうてば、被リンクを得られるという仕組みです。

トラックバックセンターには、これといった情報はなく、トラックバックをうったブログ記事へのリンクが羅列されている状態が、一般的な形式です。

また、ブログ村、BlogPeopleなどのブログコミュニティ内のサービスの一環として提供している場合もあります。

2:トラックバックセンターの意義

トラックバックセンターの意義は、よく分かりません。

書き手としては、被リンクが得られるので良いかもしれませんが、どうなんでしょうね。

私が検索エンジンの仕様を作成している立場であるとしたら、ちょっと不愉快になって、ペナルティを科すかもしれません。

例えば、誰のためにもならない、書いた本人のためにすらならない記事があるとします。それで、このトラックバックセンターの被リンクのおかげで、検索の上位に表示されるとしたら、気持ち悪くないかしら?

うーん・・・うまく言えないのだけれど、何かふに落ちないのです。

意義として、「読み手が特定のジャンルの情報を探すことが出来る~云々」とか何とかあるみたいですが、利用している人がいるものなのでしょうか?ちょっと想像できません。

そもそも、一般的なPINGを飛ばしておけば、その記事へのリンクを張ったページは作られますよね?

それで、さらに何でまたトラックバックPINGをうつ必要があるのかしら?やっていることが、ネタかぶっているような気がするのだけれど、違うのかしら?

決して否定するつもりはないけれど、違和感をおぼえます。

3:トラックバックセンターよりも

私は、あまりトラックバックをうつことがありません。次のような理由です。

  • 基本的に誰かの記事に触発されて記事を書くことがない。(今のところ)
  • エラーになることが多くて、面倒くさくなった。
  • 相手を探すのが手間。

トラックバックセンターは、こういう状況を解消してくれる存在ではあるのです。

でも、何かしら意味のある記事に対して、トラックバックをうちたいという根源的な気持ちは解消してくれないのよね。

どうせなら、「あなたの書いた記事に最適なトラックバック先は、こちらです」と言って、候補を5つくらい挙げてくれるサービスが欲しいな、と思うよ。

前の記事へ
次の記事へ

関連用語

作成日:2008/02/11 更新日:2008/02/11

コメントありがとうございます。

お手数ですが、コメント前に留意事項をご覧くださいませ。

また、現在ご質問にお答えする余裕がない状態にあります。よろしくお願いいたします。

初めまして(●^o^●)

と言いましたが来たのは初めてではなくてコメントは初めてです(^^ゞ
いつもほのぼのとしたかわいいイラストで!漫画入り説明がとても分かりやすくて助かってます!!
実はGoogleの広告のつけ方も分からない時こちらおじゃましてました!
とっても分かりやすくてお陰さまでGoogleの広告も貼り付け完了です(^・^)
今日のトラックバックの話もとても勉強になりました!!
いるんですよねぇ~トラックバックにアダルトURL入れる奴が~!
又、お勉強しに寄らせてもらいます☆よろしくね(^_-)-☆ぽち

有名人

ともたんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

もしやと思ったら、あの有名な「ともたん」さんですね。
私も何度かブログを拝見させていただいたことがあります。

ブログ村の初心者カテゴリでは、常にダントツで1位だものなぁ。
すごい!

1日のアクセス数もすごいですね。
こちらこそ、勉強させていただきます。

いろいろな所、クリックしました。
では、では。(-人-)ドロン

コメントにつられてじゃじゃじゃじゃーーん♪

はい♪早速伺いました♪そう、よくわからないなあってのが正直でした。何度かトラックバックを向こうで受けて、ウザくなって承認制にしたんですよ^^;ここでいう、言及リンクはいただいたことないと思います。ただ、似たような記事、商品紹介には、まあ、OKと承認したりしてますがw
私がする場合、先方様へお邪魔してリンクなりトラックバックなりのお伺いをします。いきなりなんて、とてもできません@@;
PING?というのもここで初めて聞きました。勉強しま-す(T▽T)

トラックバックのマナー

ありんこ隣のオバちゃんさん、こんちあ!(・∀・)/ぐもに
コメントありがとうございます。


言及リンクは、絶対的なルールというわけでもないのですが、
一般的なマナーとはなっているようです。

言及リンクがないものや、少しでも怪しいと思ったブログからの
トラックバックは、削除してしまう方が良いと思います。

デメリットにしかなりませんから。(´Д`;)


トラックバックのお伺いは、
基本的にはいらないと思います。

「事前のお伺いが必要!」と言っている人は、
見たことがありません。

でも、そういう人もいらっしゃるのかしら。
世の中いろいろな人がいるものなぁ。(;´Д`)


「PING」と「トラックバックPING」は、
混同して覚えない方が良いですよ。

了解♪

多分トラックバックまで手が回りまっすえーん(T▽T)wまずはリンク覚えますね♪

少しずつ

ありんこさん、こんばんは!(・∀・)/ぐいぶに
コメントありがとうございます。

はい。

少しずつ試していったら、
よろしかろうと思います。ヽ(´ー`)ノごゆっくり~

昨日からブログ始めました

まだまだわからないことだらけで、
悪戦苦闘しております。

そんなとき、こちらのブログにたどりつきました。

わかりやすく、面白く書かれているのでとても気に入りました。

トラックバックの意味がわからなかったのが、やっとわかりました。
Tバックなら知っていたのですが・・・ヾ(-_-;)

また参考にさせていただきます。

はじめまして♪

かずみさん、こんばんは!(・∀・)/ぐいぶに
コメントありがとうございます。

そうですねー、Tバックは、おちりが寒そうです。
おしゃれをするのも、大変ですよねー。

冬はとくに。(´Д`;)

何やかや言うとりますけれども、
また、遊びにきてねーん。

コメントはお気軽に。(´▽`)♪

はじめましてです。

昨日からFC2のブログを始めさせてもらったんですが、
何しろ、ブログだけでなく、PCのことももわからないことだらけでしたので、
もう、何がなんだか……ってな状態でした。

そんなときにこちらのブログに出会い…!
ひとつひとつの記事全てにありがたみを感じます。
もう、泣きそうです…(感涙

事前知識もなく作ったものですから、
右も左もわからず、作ったあとに色々後悔しました。
(まぁ、それも経験のうちだ、と考えてはいるんですがw)

また、こちらにお勉強しに来ますね♪

はじめまして♪

如月ゅさん、こんばんは!( ・∀・)ノHappy Sunday
コメントありがとうございます。

いろいろと後悔させてしまって、申し訳ないです。(´Д`;)

何やかや書いておりますが、話半分であまり気にせずに、
肩の力をぬいて楽しんでいただく方がよろしいかと思います。

ご不明なことがあれば、お気軽にコメントしてください。
また遊びにきてねーん。ヾ(*´∀`*)ノ私も「2」が好きです

コメントの投稿

内緒のときは、チェックしてください。

トラックバック

http://kumacrow.blog111.fc2.com/tb.php/183-807cd81c

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
 | トップページ | 

FC2ブログの作り方・作成

GIMP2で画像を編集しよう

イラストが描ける Inkscape

初心者のためのSEO対策

Google Analytics入門

アクセス解析QLOOK

アイデアの作り方

超ビギナー向けHTML入門

超ビギナー向けのCSS入門

FC2ブログのカスタマイズ

初心者向けのCSS小技

Web制作に役立つ本

ブログでお小遣い稼ぎ

これはうまい!

誰にでも才能はあるのです

RSSフィード

プロフィール

KumaCrow(クマクロ)

KumaCrow

FC2ブログによるブログの作り方をご紹介しています。「初心者の人にも分かりやすく!」がモットーです。

Twitter KumaCrow

リンクフリー♪
フォローも、ふりっふり~

伝わる文章を書くコツ

最近の記事

最近のコメント

パソコン入門

アクセスの多かった記事

先月アクセスが多かった記事を、ご紹介します。

【1位】
GIMP2の使い方
【2位】
プリントスクリーンの方法
【3位】
GIMP2 パスの使い方
【4位】
GIMPとは?
【5位】
レイヤーとは?

初心者のデジカメ撮影術

ホームページ制作にJimdo

このブログの評価

自分を見つめなおす

ブログランキング

クリックしちゃいなよ!You、クリックしちゃいなよ!そして、Canして、Doしちゃいなよ!

FC2ブログランキングに参加してみませんか?見に来てくれる人が少しだけ増える・・・かもしれません。

FC2カウンター

ブログ開始(2007年7月)から、ユニークユーザ数が「のべ240万人」に達しました。いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。(2011/01/05、FC2カウンター故障・データ消失により、10万人分くらいマイナスとなりました)

子どもの教育

最近のトラックバック

+++ お友達のブログ・お世話になっているサイトさま +++

ふわふわふわりん
無料ウェブ素材 Tyto-Style
海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説するブログ
日南商工会議所による情報化支援ブログ
気になるけど
聞き捨てならん!!
かちびと.net
ありのごとくあつまりて